稼げない文章を書いても稼げるのがクラウドワークスじゃないか?

 

・現在、ブログをやっているがイマイチ収益化できていない。

・本業以外で新たなことにチャレンジしてみたい。

・ちょっと稼いで、ちょっと贅沢なランチを楽しみたい。

 

そんな人にオススメの記事です。

 

クラウドワークスで仕事を取りまくっている俺

稼げない文章を書いても稼げるのがクラウドワークスじゃないか?

 

僕は現在、Webライターとして仕事をしています。

 

・ブログ執筆

アフィリエイトサイト構築

 

これらのノウハウを活かして、Web事業を立ち上げている人のコンサルもやってます。

良い意味でも悪い意味でも"安定"しない世界なので、やはりどこか堅い収入の柱は欲しいんですよね。

僕の強みは「12時間ぐらならぶっ通しでPCを触ってられること」です。

そこで僕はクラウドワークス でライター契約をして1日に2〜3記事を納品する仕事を始めました。

ライティングのスキルはあれば良いけど、文章構成や表現、どんな画像を使ったら良いのか、などのマニュアルを用意してくれる人が多いので難しい仕事ではない。

 

クラウドワークスとは?稼げない噂を聞くけど・・・

稼げない文章を書いても稼げるのがクラウドワークスじゃないか?

 

仕事をお願いしたい人と仕事をしたい人を繋げてくれるのがクラウドワークス です。

このサイトには様々な業種の仕事依頼がありますが、特に多いのが、ライティング業務です。

 

「〇〇についての記事を3000文字書いてくれたら3000円お支払いします!」

 

Webライターにとって勝ちゲーのような仕事を日々やってます。

 

クラウドワークスって稼げなくねぇ?」

 

あれもヤダ!これもヤダ!なんて言ってるうちは、それに見合った報酬は得られません。

そうやって選んでいる人が辿り着く先は誰でもできる「タスク案件」しか残りません。

タスク案件とは、数分〜數十分で出来るアンケートに答えるような仕事です。

 

もちろん、これらの報酬は誰でも出来るので大量にワーカーを募集します。

そのため報酬額も低く、200円〜800円ぐらいが良いところでしょう。

このような事実があることから「クラウドワークスは稼げなくねぇ?」と言われているのだと思います。

 

稼げない文章を書いても稼げるのがクラウドワークスじゃないか?

ハッキリ言って、クラウドワークスで依頼される仕事はラクです。

なぜ、ラクかと言うと、カタチに沿って書くだけだから。

 

①テーマに沿った情報をネットで集める

②文章構成を決める(すでにカタチが決まっている)

③書いて納品!以上!

 

僕が今までやってきた「人の感情を揺さぶる」ようなライティングスキルは不要でした。

なので、記事を書いてる最中は"無"です。

何も考えずに書くだけなのでラクだし、こんな文章でお金貰えるのは自分の成長にとって良くないけど、こんな稼げない文章を書いても稼げるのがクラウドワークス なんだと改めて思いました。

 

それと同時にクラウドワークスが初心者にとって重宝されている理由が分かった気がします。

 

クラウドワークスでどのぐらい稼げるのか?

 

3000文字で3000円という文字単価1円の好条件は稀ですが、依頼主に気に入られたら単価が上がることもあります。

1日の空き時間が2〜3時間ぐらいあれば、1ヶ月で6万円ぐらいは稼げるのではないでしょうか?

めちゃくちゃざっくり計算しました(笑)

 

僕は 、あるキュレーションサイトを運営している方から"個人的に契約をしないか?"という話を頂き、1記事納品して数千円の契約をしています。

継続的な仕事の依頼はとても嬉しいことで、クラウドワークス をやってて良かったと思う瞬間でもありました。

 

クラウドワークスはこんな人にオススメ!

クラウドワークスはこんな人にオススメ

 

 

文章を書くことが慣れていたり、ブログの耐性があってランチ代ぐらいは稼ぎたいと思っている方にはとてもオススメです。

 

クラウドワークス公式サイト→CrowdWorks