【1年間ありがとうございました!】 アスルクラロ沼津 vs ブラウブリッツ秋田

 

 
 
 
View this post on Instagram

素敵な一年をありがとうございました😊 #vlog

もりすなさん(@morisuna_vlog)がシェアした投稿 -

 

12月2日(日)に行われたアスルクラロ沼津ブラウブリッツ秋田の最終戦に行ってきました。

 

年間で5〜6試合?ぐらい観戦できたと思います。

千葉から愛鷹まで、約2時間半。

首都高も目をつぶって運転出来るようになりました(笑)

 

応援に行くたびにアスルについて知りたくなる事が増えていくワクワク感が、とても楽しみでした。

 

「47番の選手キレッキレ!!!」
「50番の選手めちゃくちゃ速いww」
「キーパーでかっ!」

 

プレーでワクワクさせてくれる選手の皆様がいるおかげで、僕のような素人でもサッカー観戦が大好きになったし、そのワクワクするプレーを引き出すサポーターやスタッフの皆さんの力も凄いんだなぁ...と思いました。

 

飲み屋でおっちゃんが、「おい〜!今のはパスだろうが!!」なんて怒ってる場面に居合わせた事もありますが、生で観戦すると選手のスピード感だったり、威圧だったり、自分以外の仲間の状況によって、一瞬でプレーが決まるから、サッカーって決して簡単ではない複雑な要素が絡み合ってるスポーツなんだなぁ...と、感じました。

おっちゃん達が文句言いたくなる気持ちも分かるけど、沼津のサポーターって絶対ネガティブな言葉を使わなし、仮にそう思ってたとしても、選手を信頼して前向きな言葉をかけている印象を受けました。

 

昨日、とても胸が熱くなった出来事がありました。

動画の冒頭で「子どもの声」が聴こえると思います。

おそらく小学生だと思いますが、彼は試合前から大人と一緒に大きな声でアスルの選手を応援していました。

 

"好きな事にかける情熱"

 

これは、彼から教わった気がします。

大人になって、他人からの視線を気にするようになり、好きな事を素直に好きと言えなくなってしまった自分が何か変われたような気がします。

彼とは一言も話していませんが、「その姿」を見たことで僕は胸が熱くなり勇気が沸いてきました。

 

今年のリーグ戦はこれで終わってしまいましたが、また来年から熱い気持ちを貰いに行きたいと思います。

 

選手の皆様。サポーター、チーム関係者、アスル好きな皆様。

素敵な1年間をありがとうございました。