【VLOG】珪藻土バスマットの吸水性が落ちてきたので手入れをした編

約1年前から使っている珪藻土バスマットの手入れをしました。

 

 
 
 
View this post on Instagram

珪藻土バスマットの手入れをしたよって回 #vlog #珪藻土バスマット

もりすなさん(@morisuna_vlog)がシェアした投稿 -

 

 

紙ヤスリで表面をササッと擦るだけで以前のような吸水性が戻りました。

今まではナイロン(布製)のバスマットを使っていましたが、使い続けるとバスマットが汚れてくるし、バスマットを家族と共有している方は、入浴後に湿ったバスマットに足を置くことになり、不快な思いをした経験があると思います。

 

衛生的な観点からも、湿ったバスマットを共有することは「水虫」などの病気がうつる可能性があるので危険です。(銭湯や温泉、プールなどは要注意)

 

 

珪藻土バスマットの魅力

 

①吸水性・速乾性に優れている

②短時間で乾くのでカビが繁殖しにくい

③手入れがめちゃくちゃラク

 

 

動画の中で珪藻土バスマットに霧吹きをかけるシーンから、吸水性の高さが伝わったと思います。

実際に入浴後に使ってみると「もう布製のバスマットは使えねぇ...」って思うぐらいパフォーマンス高いです。

 

「汚れ」が出てきたり、「吸水性」が落ちてきたら手入れをするような感覚です。

1ヶ月に1回するか、しないか、そのぐらい手入れの頻度も少なくてOKです。