【WORLD BLOCKCHAIN FESTIVAL2018】社会はそう簡単に変えられないが、社会は創ることができる。

先日のWORLD BLOCKCHAIN FESTIVAL2018に登壇された、Commons inc. 共同代表 / GIFTED AGENT株式会社代表取締役社長の河崎純真氏と社会起業家の林篤志の講演の様子をご覧頂きたいです。

 

 

Commonsが日本の希望

youtu.be

 

 

講演を聴いた感想

 

メディアでもいくつもの社会問題が挙げられているが、それがシンプルなものではないという所はとても共感できた。

 

多くのしがらみが取り巻く事でどうしても大きく変化できなかった現状を「変える」のではなくて自分たちでつくる発想はとても面白い。

その基盤となるのが仮想通貨でお馴染みの「ブロックチェーン」と呼ばれる技術。

 

家は建てられないが、自分で家具の配置は決めることができるように、ブロックチェーンを使ったシステムは構築できないけど、出来上がったものを応用することはできる。

個人的な課題にはなるが、今後もブロックチェーンの動向を見逃さずに、同じ目的を持つ人たちと独自のコミュニティを構築していきたい。