珈琲好きすぎて自家焙煎始めた結果、たぶんス◯バには勝った1杯を淹れられた。

 

 

昔からコーヒーが好きで、カフェ巡りを趣味にしていたんですけど、そんな好きなら「自分だけの1杯を淹れてみたいなぁ」という好奇心に駆られて焙煎からやってみることにしました。

 

「アウベルクラフト社」の自家焙煎キットでスタート!!

自動で調節してくれるような焙煎機もたくさんあったけど、それだとずっと味が同じような気がして、その日によって違うコーヒーを楽しみたい勢の自分としては、やはり手動の焙煎機を選んだ。

 

購入したのはアウベルクラフト社の「遠赤コーヒー焙煎キット」です。

f:id:xxxxkun:20181026094458j:plain

 

箱を開けるとびっくりしたのが、プラモデルのように部品が全てバラバラで、最初から自分で組み立てるようになっていたこと。不器用な人にとっては残酷な挑戦でしたが、説明書がめちゃくちゃ分かりやすくて、組み立てる系が苦手な方でも安心して出来ると思います。

※ドライバーが必要です。

f:id:xxxxkun:20181026095800j:plain

 

よく珈琲屋で売られているのはすでに焙煎された豆(茶色いやつ)だと思います。

この焙煎キットは生豆を煎るものなので、ご自身で生豆を購入してください。

f:id:xxxxkun:20181026100042j:plain

 

この生豆を使って早速焙煎してみました。

 

f:id:xxxxkun:20181026100244j:plain

 

この焙煎キットを使うときの注意点は、焙煎中に燃え殻(チャフ)がめっちゃ出るので屋内ではなくて屋外焙煎がオススメです。

以前に、キッチンでやったら地獄の掃除が待ってました。

 

1回の焙煎量は約100gぐらいだと思ってます。

実際は150gぐらい入りますが、焼きムラが目立ったのでそれ以来1回の焙煎を約100gにしています。

 

ハゼ音などを目安に浅煎り、深煎りなどの定義がありますが、最初はいろいろと直感で焙煎して味を知るところから始めるのが楽しんじゃないかと思ってます。

Instagramにハゼ音を含めた焙煎の動画を載せました。

 

 

 

いろいろと試しましたが、個人的には深煎りのコーヒーが好きなんだと分かりました。

より苦味の強いのが深煎りだと認識してます(適当ww)

 

焙煎が終わった豆はミルで粉状にします。

 

f:id:xxxxkun:20181026102555j:plain

 

 

 

この挽いてるときの「ゴリゴリゴリ...」という音と振動が手に伝わってくるところが凄い好きで、1杯分だけ挽くつもりがいつも2〜3杯多く挽いてしまいます。

f:id:xxxxkun:20181026103233j:plain

 

 

豆を挽いて粉状にしたらペーパードリップで落します。

 

f:id:xxxxkun:20181026103333j:plain

 

 

挽きたての豆だと淹れるときに豆がふっくらしてくると思います。(これは挽いてから4〜5日経った豆です)

 

早速飲んでみましたが、明確な違いが分かったというよりも「美味いor普通」の違いが分かった。(基本的に僕の舌には"不味い"概念がない)

f:id:xxxxkun:20181026103518j:plain

 

自分で作ったからっていうバイアスも多少かかってると思うけど、それを意識しながら評価しても、我ながら美味い!!

専門的な話は知らないけど、豆にも鮮度があるのかなぁ...って思った!

違ったのは「飲みやすさ」と「香り」

コンビニとかス◯バのコーヒーに対して昔から「なんか毒々しくね?」っていうイメージがあった。

不味いわけじゃないんだけど、特別「美味い!」と感じるコーヒーでもなかった。

 

生豆から焙煎して挽いた時間が短かったから香りが強く残っていたのかなぁ...と思っているところなので、詳しい方ぜひ教えてください!

 

次は、コーヒーに合うお供探しでもします!

現在1つ発見(笑)

f:id:xxxxkun:20181026104417j:plain