【CEATEC JAPAN】LAWSONのキャッシュレス決済ブースが大人気すぎて入らなかった話

2018年10月16日(火)〜19日(金)まで開催されたCEATEC JAPANの中で誰もが納得する混雑さを見せていたのがLAWSONのキャッシュレス決済ブースだった。

 

(株)ローソンの理事執行役員である牧野氏の講演では何度も「デジタル×アナログ」を融合させるビジネスモデルにシフトしなければならない!と、語っていた通り、ローソンのデモブースは最先端の技術を取り入れた方法に注目が集まり、ブースに入りきらないほどの人が集まっていた。

f:id:xxxxkun:20181019155932p:plain

 

このブースは実際に商品を購入できるようになっていて、おにぎりなどが陳列されていた。

決済の方法は商品をQRコードで認証をしてゲートを通すだけ。(ゲート決済)

これだけで決済ができるというシステムになっている。

 

ローソンが掲げていた「新たな体験ができる店」という象徴でもあるのが、店舗内でも遠く離れた場所にいる医師とコンタクトが取れるというシステムだった。

f:id:xxxxkun:20181019160941j:plain

テレビ電話から症状などを聞いてもらい、薬を処方できるサービスがあった。

仕事が忙しく、なかなか休みを取れない人にとって、コンビニに行く理由ができる。

f:id:xxxxkun:20181019160447p:plain

 

お客さんがコンビニに行く理由ができるという事は、既にコンビニ内に入っているので自然と購入率も上がっていくと思う。

このようなサービスを入れることで売り上げアップに繋がる戦略なのだろう。

 

僕が個人的に興味を持ったのは接客が愛想のいい女の子になったこと。笑

なんならこの子のファンが出来てたぐらい人気でした。

f:id:xxxxkun:20181019161140p:plain

 

ブースの奥では、調理ロボットが餃子を作っていた。

f:id:xxxxkun:20181019162709j:plain

 

 

感想

アメリカでは無人の販売店があるけど、LAWSONはそこを目指している感じがしなかった。

あくまでもこのような最先端技術が基盤になって、リアル店舗の良さである接客による人間味を100%出せるようにするために導入しているような雰囲気を感じた。

やらなくていい事が増えたおかげで本当に大事なことに集中出来るってことだね。