18禁のマッチングサイトを本気で構築しているから邪魔すんなよ。

前回の【今後のサイト戦略をちょっと話す】という記事でマッチングサイトを立ち上げると書きました。

 

どこから人を自サイトに流入させるか?

これを考えないといけないんですよね。

すごく大雑把に言うと集客ってやつです。

 

"集客しよう"って簡単に言われがちですが、ほぼそれがゴールですよ。

変な言い方すると人囲っちゃえば勝ちなところあります。

人が集まるパターンは2つあると思うんです。(これは僕の捉え方ですよ)

 

①自分のコンプレックスが嫌すぎて助けを求めている人

 

②どちらかと言われたら金持ちになりたいと思ってる人

 

①は主に容姿に対する悩みを抱えている人が多いです。②は貧乏よりはお金持ちが良いと思っている人です。あえて区別するなら凡人の層です。

 

どちらの人を囲いたいか?と聞かれたら僕なら①ですね。即答です。

①と②を比べると、感情の強さが違います。

 

②は「どちらかと言われたらお金はあった方がいいよね〜」という見込み客であり、そんなに危機感を感じてませんが、①は「今から解決したい!」という想いが強い今スグ客です。

人間の根本的な話にまで掘り下げるつもりは無いですが、僕は「スグに行動してくれる人はどういう人なのか?」これを考えてターゲットを選んでいます。

 

今すぐ客は抱えている感情の強さが違うんですよね。

 

それらを踏まえて、僕はマッチングサイトを立ち上げようと思いました。

どうせお金を稼ぐなら人の為になることをしたいです。

 

 

マッチングサイトの戦略

 

マッチングサイトのゴールページは「出会い系サイトの無料会員登録」であり、これがキャッシュポイントになる。

1人登録につき僕に支払われる報酬が約4000円。これは各社によって違うが1社に絞っていこうと思う。

 

 

さて、ここで大事なのが「どこから人を集めてくるのか?」これを考えなくてはいけない。

まず、ざっくりとライバルリサーチをしたが、やはり競合ばかり。老舗サイトがTOPに君臨しているので、下記の攻め方をすることはやめる。

f:id:xxxxkun:20180821220420p:plain

 

①は信憑性に欠ける。gmアフィリエイターがやりがちな手段だが、ユーザーもバカじゃない。顔写真無し&イニシャルだけのレビューは誰も信じない。

 

②に関しては目的が違うからNG。今回の目的は「無料会員登録」なので、商材系は販売しない。こういう答えのない商売は揉め事になりやすい。教育するのが面倒。

 

③社会的にNG。こういうやり方は長く続かない。

 

 

これ以外のやり方でどうやって攻めていくの?

 

ー 答えは言えないが全然ある。圧倒的に差をつけることができる抜け道があった。

 

まさか、アダルト動画のCPCとかで稼ぐの?

 

ー CPCにはあえて手を出さない。

まず、エロい画像とか動画をアップしとけばアクセスが集まって稼げると勘違いしている脳みそを洗った方がいい。

 

物事がうまく進みそうなときは「自分を消費者側に立たせて考えると欠点を発見しやすい」

 

まず、おさらいすると「アダルト動画におけるCPC広告」は動画共有サイトの動画を紹介するだけで収益を得ることが出来る広告のことです。

もちろんアクセスとクリック数も関係します。

 

動画が再生されるということはクリックをされるので、膨大なアクセスを集めることができれば、結構な収益が出るはずです。

 

でも、僕はやりません。理由は単純。

 

すでにお気に入りのアダルトサイトがあるから....(ナニイッテンノ)

 

まず、自分のサイトでアダルト動画(CPC広告)を載せたとしましょう。

 

・そもそもアダルト動画は誰がどんな目的で見るの?

・アダルト動画を見れるサイトは数え切れないほどあるよ?

・老舗のアダルトサイトにどうやって差をつけるの?

 

 

これを問うと、「AV女優×ジャンル」などの複合キーワードで狙いにいくと考える人もいるが、僕みたいに「すでにお気に入りのアダルトサイトがある人」は、わざわざアナタのサイトを見ようと思わない。

 

それが信じられない人は実際にググってみるといい。どんなキーワードで検索をしても有名なサイトが上位を占めている。

 

このような理由もあり、CPC広告は採用しない。

 

1つ、収益ポイントを挙げるとしたらDMMの動画アフィリエイトは使おうと思ってる(検討中だが...)

 

 

やらない事を決めると自然とやるべきことが見えてくる。

 

多くのアフィリエイターはサイトを完成させてから、アナリティクスやGRCのデータをドヤ顔で見せているが、このサイトに関してはオモロイので作成段階から公開していこうと思う。