【2018年版】副業おすすめランキング

お金を稼ぐ為にできる事はたくさんあります。その中でもスキマ時間が確保できる自分にとって最適なのは『ダブルワーク』をする事だと分かりました。

ダブルワークをしたことで、収入が増えてお金も精神的にも余裕ができた事が何よりも嬉しかったです。

僕は皆さんにダブルワークをオススメしますが、『ダブルワーク:副業』をやると言っても、どんなものがあって何が良いのか?分からないと思います。

今回は、『ダブルワークの選び方とポイント』について書きました。実際に私が経験した仕事をランキング形式でそれぞれの特徴を詳しく紹介しています。

今回紹介する仕事はこちらです。

 

①アルバイト

②ポイントサイト

③物販

④ブログ(アドセンス

アフィリエイト

クラウドソーシング

 

 

 

 

僕が実際にダブルワークとしてやってきたものだけを挙げました。

全て経験した事がある仕事なので比較しながらズバズバ言いたいと思います。

 

比較・評価方法

じゃあ、どうやって比較・評価するの?という事になりますが、実際に経験してみた結果、今回の比較・評価項目は以下の5つになりました。

 

①単価・・・稼げる額の大小を比較しました。星の数が多いほど貰える金額が大きいということです。

 

②労働時間・・・スキマ時間でも出来る仕事なら星の数は多いです。逆に拘束時間が長いほど自分の時間を失うので星の数は少ないです。

 

キャッシュフロー・・・簡単に言うと給料をどの期間で支払われるか?になります。普通であれば1ヶ月に1回に支払われると思いがちですが、仕事によっては1ヶ月に3回も給料日がくるものがあれば、2ヶ月後に支払われる仕事もあります。もちろん支払いのスパンが短いほど星の数は多く、評価は高いです。

 

④スキルUP・・・何か特別な知識や技術がついたと思ったら星の数を多くしています。

 

⑤継続性・・・モチベーションが続くのかも含まれています。単価や労働時間に左右される項目ですが、①②を踏まえて続けられたものは星の数を多くしています。

 

人によって、重視する場所が違うと思いますが、項目ごとに差を設けずに全て10点満点で評価します。50点満点ということです。

それぞれの特徴やメリット・デメリットなどは全て記載してあるので合わせてご覧ください。

 

それでは、ダブルワークとして選んで良かったと思う仕事を評価の高かった順に紹介していきます。

 

評価1位 『物販』37点 / 50点

f:id:xxxxkun:20180716101926p:plain

 

合計点: 37点 / 50点

 

 

物販とは?

物販とは『安く仕入れて高く販売する』事を絶対条件として、仕入れ値と売値の価格差で利益を出していくものです。

10万円の時計を購入して、15万円で販売をしたら5万円の利益が出ますよね。

物販を難しく捉える必要はありません。アナタの会社が利益を出すためにやっている仕組みを個人でやっているだけです。

 

個人で出来る物販だけを採用して実践しているので、「人手が足りない」とか「1人あたりの利益が少ない」などの問題で悩む事はありません。

「不安があるから人と一緒にやりたい」という気持ちも分かりますが、無駄に人を集める事で人件費もかかるので、冷静に考えて自分で稼げるなら、人を集めて仲良くする必要はありません。

物販をやってみた感想 

物販は出来高勝負なので、自分の頑張り次第で稼げる額が変わってきます。

"どんな物を安く仕入れて高く販売するのか"によって、稼げる額が変わってきますが、1回で10万円以上の利益が出ることもあります。(物販="せどり"と勘違いしている人も多いですが僕の中では違います。詳しいことは後述します)

さすがに毎日10万円以上稼げるのは言いすぎですが、僕の平均だと1日2〜3時間の実働で約9000円ぐらいは稼げています。

稼げる額が高く、労働時間も少ないので継続できているのだと思います。

安く買って高く売るという基本的な事を守れていれば何を扱ってもOKです。もちろん社会的に違反とされている事はしません。

 

デメリットを挙げるとしたら、『原資』と『リサーチ時間』ですね。

原資は、物販を始めるにあたって必要な資金の事です。物販に使えるお金が多ければ多いほど、いろんな商品を仕入れて利益を出す事ができます。 

『リサーチ時間』とは、その商品が今の価格よりも高く売れるのか?という見極めです。全ての商品が高く売れるわけではないので、『どの商品がどのくらいの期間で高く売れてくれるのか』をリサーチする必要があります。

物販を始めたばかりの人は、このリサーチ時間で挫折してしまいます。物販はこのリサーチが全てですからね。

今では、確実に利益を出すことができる商品を教えてくれる良質な情報発信者もいます。さらに物販を始めるための『原資の稼ぎ方』を教えてくれる人もいるので、そう言う人に『教えてください!』と、聞く勇気さえあればデメリットは解消されると思います。

 

評価2位 『アフィリエイト』 29点 / 50点

f:id:xxxxkun:20180716110234p:plain

 

 

合計点: 29点 / 50点

 

アフィリエイトとは?

アフィリエイトとは、自分が所有しているサイトやブログにアフィリエイト広告を設置し、そこからユーザーが商品やサービスを申し込んでくれたら紹介料としての報酬が支払われます。

【図解】アフィリエイトの報酬の仕組みを解説を読んで頂くとアフィリエイトの概要をイメージしやすいです。

アフィリエイトは『時給』という概念が無くなります。

1週間で本業の給料を超えることもあります。『1時間あたり1000円』や『1ヶ月で30万円』という一般的な給料形態とは違って、報酬に縛りがないので、商品を魅力的に宣伝するライティングやサイト構築ができれば、文字通り無限に稼げる事ができます。

アフィリエイトはネット上で営業をしていることになります。自分で働かずにブログやサイトに働かせるので、同時間で北海道から沖縄の人に営業をする事が可能になります。『数撃ちゃ当たる』という言葉を使うと適当なイメージになりますが、理論上、1度にアプローチできるユーザーが多いので成約数も異次元の数字になります。

 

アフィリエイトをやってみた感想

 

 物販や投資などに必要な原資を稼ぐ目的であれば、自己アフィリエイトが最適だと思います。

その代わり『キャッシュフロー』は悪いです。全ての案件に成果条件と審査があります。『クレジットカード発行で6000円還元』という案件では、ちゃんと実在する人物が申し込んできたのか?などの審査があり、実際に報酬が支払われるまで2ヶ月かかる場合もあります。

多くのお金を作る事ができますが、実際に手元に入ってくるのはかなり先の話です。

 

アフィリエイトのデメリットは、『ライティングスキル』と『キャッシュフロー』です。

企業と提携して商品やサービスを販売するのですが、企業と個人を繋げる仲介者がASPです。報酬は全てASPから支払われるので、報酬が支払われるまでに2ヶ月、3ヶ月はかかります。

アフィリエイトは誰でも稼げる仕事ではありません。優秀なセールスマンと怠惰なセールスマンが存在するように、アフィリエイトをするアフィリエイターにも天と地の差が開きます。月に100万、200万、500万を稼ぐ人も存在します。逆に1円も稼げないアフィエイターもいます。

僕の口から『〇〇万円稼げるよ』と言えませんが、僕は現在もアフィリエイターとして月に50万円ぐらいの利益は出し続けています。

 

評価3位 アルバイト 27点 / 50点

f:id:xxxxkun:20180716113632p:plain

 

合計点:27点 / 50点

 

アルバイトをやった感想

アルバイトに関しては説明不要ですね。

みなさんも経験があると思います。僕はガソリンスタンドでアルバイトをしていました。学生時代であれば授業が終わった後に働くことはできますが、本業がある方はアルバイトが禁止か、まとまった時間を確保できないと思います。

単価の評価を高くしている理由は、単発で入れる派遣のアルバイトもあるからです。

派遣のバイトは1日に8000円ぐらい貰えますよね。アルバイトも種類がたくさんあるので、雇用形態によって金額も違います。

アルバイトのデメリットは『時給』と『時間』です。

時間があってこそ、その分のお金が貰えるのですが、副業としての必要な収入をアルバイトで確保しようとすると休日返上で働く必要があります。アルバイトでお金を稼ぐためには長時間働くしかないのです。

僕みたいにスキマ時間で稼ぎたいと思っている人には現実的ではないですよね。

そもそも採用してくれない気がします。

『時給』という縛りがある限り、自分のカラダが1つなので稼げる額も決まっています。肉体労働なのでカラダを壊すかもしれないですよね。

 

 

評価4位 『クラウドソーシング』25点 / 50点

f:id:xxxxkun:20180716114229p:plain

 

 

合計点 : 25点 / 50点

 

クラウドソーシングをやってみた感想

簡単に言うと、不特定多数の人に対して『仕事を応募』してお金をもらう働き方です。僕はそこで文章を書いて依頼者に納品する仕事をしていました。納品したら報酬を受けとります。

報酬も様々ですが、1回につき100円、500円貰えます。仕事が探しやすいというメリットがありますが、単価は低いです。

クラウドソーシングは『依頼主』と『受注者』という関係で成り立っているので、依頼者側として安い値段で働いてくれる人を探す事に使うべきだと思いました。

自分が『受注者』になると、なかなかしんどい思いをします。

 

 

評価5位 『アドセンス』21点 / 50点

f:id:xxxxkun:20180716114613p:plain

 

合計点 : 21点 / 50点

 

ブログアドセンスをやってみた感想

 

自分で運営しているブログやサイトにアドセンス広告を設置して、それをユーザーがクリックすると報酬が支払われます。

アフィリエイトと比べて、始めるハードルは低いですが膨大なPV数を確保できないと稼げないです。膨大なPV数を確保するためには、需要のあるネタと検索順位が常に上位にある事が絶対条件なのでライバルが多いです。

記事を書いても書いても収益が出ないので諦めてしまう人が多いです。

 

 

評価4位 『ポイントサイト』8点 / 50点

f:id:xxxxkun:20180716115449p:plain

 

ポイントサイトをやってみた感想

 

自己アフィリエイトと仕組みは同じです

お店で会計をするときにポイントカードを提示すると思うのですが、それのネット版だと捉えてください。 1pt=1円換算で計算されるのがほとんどです。クレジットカードなどは単価が高く、発行申請をすると1回で8000円を貰える案件もあります。 ただ、『稼ぎ続ける』と、考えると現実的ではないので評価を低くしました。 普段のネットショップが少しお得になる。というイメージで捉えてください。

ダブルワークおすすめランキング(まとめ)

 以上の結果を表にまとめてみました。

f:id:xxxxkun:20180716120530p:plain

 

今すぐ結果を出したいなら『物販』がオススメ

 

いかがでしたか?

ネットで『副業』と検索をして出てくるものは一通りやってきました。

"これは稼げる"と言われたものが実際はそうでもなかったり、"それは稼げないよ"と言われたものを少しアレンジするだけで自分だけの市場を作れて稼ぎ続ける事ができたり、実践したからこそこうやって事実を伝えられる経験ができて、成功したものは利益となって戻ってきました。

僕が実践してきた中で、物販は個人で稼ぎ続けられるとても優れた稼ぎ方だと思います。

『物販=フリマサイトや実店舗から仕入れてAmazonで販売する』と認識をしがちですが、僕の中ではその認識はもうありません。確かに"Amazonせどり"は稼げます。でも、それだと実働する時間が増えるので結局、自分の時間が削られます。

僕は『時間を使った対価としてお金を貰う』という考えではありあません。

『お金を使った対価としてお金を貰う』という認識で生活をしています。

 

その『お金を使った対価としてお金を貰う』概念を『物販をやる目的はキャピタルゲインで資産を増やすため』の記事で紹介しています。