【図解】アフィリエイト報酬の仕組みを簡潔に解説!!

f:id:xxxxkun:20180705103331p:plain

アフィリエイトとは、サイトに広告を載せて、その広告を見たユーザーが商品やサービスを購入したときに、紹介料としてサイト運営者に報酬が支払われる仕組みです。

 

まとめサイトやニュース速報などのトレンドを追いかけた記事は、Googleアドセンスの広告を使った"クリック報酬型"を採用しています。

芸能ニュースなどは、検索するユーザーも多いため、非常に多くのアクセスが期待できます。

 

アフィリエイトの仕組みについて分かっていない人、どこからお金が振り込まれるの?という疑問を感じている人のために、専業アフィリエイターである僕がイラスト付きで解説をします。

 

アフィリエイトの仕組み

冒頭でも説明した通り、商品やサービスに関する広告を取得する必要があります。

その広告を自分のサイトに掲載してユーザーに利用されることで報酬が発生します。

では、その広告をどこから入手するのか?という疑問ですが、ASPと呼ばれるサイトに登録をする必要があります。

このASPは、色々な企業と提携しているので"案件"をたくさん持っていることになります。

あなたがASPに登録することで、ASPが抱えている案件から広告として掲載したい商品やサービスを選んで申請するだけで広告を取得する事ができます。

実際のお金の流れをイラストにしました。

アフィリエイターがアナタです。

f:id:xxxxkun:20180705095657p:plain

 

アナタが用意するのは広告を宣伝するためのメディアです。

ブログやサイトを作成して広告を宣伝する方法が主流になっていますが、最近ではYouTubeやインスタグラムから宣伝をしている人もいます。

インスタグラマーのような人たちは直接、企業から「この商品を宣伝してください」とオファーされます。彼女たちをアフィリエイターと呼ぶのは違うと思いますが、広告塔として「商品を紹介してお金を貰う」という概念は同じです。

 

報酬はいくら貰えるの?

アフィリエイターに支払われる報酬額は広告主によって様々です。

上記のイラストの通り、①広告主→②ASP→③アフィリエイターという順番にお金が流れるので、5000円の商品を販売したとしても報酬額が5000円という事はありません。

それだと広告主とASPが儲からないですからね。

これは実際にASPの中にある青汁の案件です。

f:id:xxxxkun:20180705101556p:plain

あなたのメディアに「サンスター"粉末青汁"」の広告を掲載して、そこからユーザーが購入するごとに「3704円」が報酬として支払われることになります。

まずはA8.net から"プログラム検索"をして、いろいろな案件(広告)の単価を見比べてください。