「その記事って需要あるの!? 」キーワード検索から学ぶ絶対に外さない記事の書き方

f:id:xxxxkun:20180702133727j:plain

ブログやサイトで稼ぐためには狙いを外してはいけない。

狙いとは、もちろん"ユーザーの心理"である。

 

・なんだよコレ。つまらねーな。

・知りたい情報ってコレじゃないんだけど....

・〇〇かもしれない。じゃなくて解決策知りたいのに....

 

 

ユーザーが抱く不快感が大きくなればなるほど、アナタが記事で稼ぐ可能性は低くなる。

 

他者から必要とされる記事を書けばいいだけの話だが、コレが難しい。

僕が常々、言っていることが「それはアナタが書きたいことであって、ユーザーは求めていない」である。

 

僕が完成させたモデルは「ライティングをお金に変えること」だ。

つまり、お金を発生させるようなライティングを意識しないといけない。

ブログやサイトから収益が出るということは、アクセスが集まっていることになる。

 

ブログ・サイトにアクセスを集めるメリット

 

①広告収入が期待できる

Googleアドセンスから自動収入

 

②商品が売れる

・ブログ、サイトアフィリエイターが恩恵を受ける

 

③ファン(読者)が生まれる

・ダイレクトにオファーができる

 

④実店舗へ流すなど多ジャンルの応用がきく

ネットから実店舗へ集客・販売をつくれる。

 

個人的な感想を述べると、ブログやサイトでファンを抱えると何でも販売できる。

言い方が悪くて申し訳ないが、恐ろしい事実だ。

「スナさんみたいにライティングで稼ぎたいからMacBook買おう!」という、何とも不思議な理由で成約される。

正常な人間であれば、「ライティング技術とMacBook関係ないだろw」って判断できるけど、ファンがそれに気づけない様にライティングテクニックを使う。「ライティングで稼ぐためにはMacBookが必要なんだ!」と、ユーザーの心を操る事ができる。

これが、ブログやサイトにアクセスを集めることによって得られる未来だ。

実際に昨日(7月1日)のアフィリエイト収益を公開する。

f:id:xxxxkun:20180702112635j:plain

これは売り上げじゃなくて1日の利益だ。

ライティングは物販と違って仕入れをする必要がない。

よって、仕入れ価格0円で発生報酬がそのまま利益になる。

持ち物はライティングスキルが詰まった頭脳だけ。コスパが良すぎる。

ここまで積み上げる時間を含めたら"不労所得"とは呼べないが、昨日は沼津でサッカー観戦をして、帰りに川崎に焼き肉を食べに行って、みんなでスペイン対ロシアを観戦した。どんな1日を過ごそうが報酬が入ってくるので、自分だけの時間が増える。

自分だけの時間は勉強の為に使われる。それが更なる利益を運んでくる。

非常に好循環なライフスタイルだ。

ブログ、サイトにアクセスを集めてファンを作り、オファーを続けることで可能性は無限に広がる事実を知った。

 

記事はニーズを提供し続ける場所

 

ライティングは「需要がある記事を提供する」というシンプルな考え方でいい。

ユーザーがファンに変わる1歩目の作業になる。

 

「知りたいこと以上の情報を知れた!!やった!」と、思ってくれるような記事を書き続けるべき。

 

 

こんなアドバイスだと平凡なライターと変わらないので需要がある記事を提供するときに参考になるツールを紹介する。

 

グーグルトレンドを使って的を絞ろう!

 

グーグルトレンドは、ユーザーがどんなキーワードで検索をしているのかが明確に分かるツールである。

このグーグルトレンドで、検索されている人気のキーワードをベースに記事を積み上げていくことで、ユーザーの心理を外さないブログ・サイトになる。

 

①「検索キーワード追加」調べたいキーワードを入力する

今回は"バーベキュー"というキーワードを入力した。

f:id:xxxxkun:20180702122710p:plain

 

②検索キーワードの人気度が分かる。

山がたくさん出来て高いほど、頻繁に検索されていることになる。

f:id:xxxxkun:20180702122811p:plain

 

"バーベキュー"の検索キーワードは4月末から5月中旬まで頻繁に検索される事が分かる。

ということは、バーベキューに関する記事を書くなら、ユーザーが多く検索する4月中旬に合わせて投稿するべきだ。

グーグルトレンドはトレンドアフィリエイトとの相性も抜群なので是非参考にしていただきたい。

 

さらに、"バーベキュー"というキーワードと合わせて検索されている関連キーワードを読み取る事ができる。

f:id:xxxxkun:20180702130606p:plain

 

この関連キーワードからロングテールと呼ばれる長期でアクセスを集めたいキーワードで攻める事もできる。

ロングテールクエリで記事を収益化させるコツ」は次回書くが、波形からあまり検索されていないキーワードも視野に入れておいてもいいだろう。

 

グーグルトレンドは複数のキーワードを比較して検索する事ができる。

f:id:xxxxkun:20180702131259p:plain

 

"おせち"は年末に爆発的に検索される事が分かる。

これも年末に合わせて"おせち"に関する情報の記事を書くといい。

先ほどの"関連キーワード"を使うとニーズが分かる。

これらのキーワードは季節との相性が良いので、時期を外さないでブログ・サイトを構築すればアクセスUPは見込める。

 

ただ、季節も関係ないキーワードが存在する。

「大阪 カフェ おすすめ」と検索をしてみた。

f:id:xxxxkun:20180702131952p:plain

 

カフェは季節関係なく知りたい人が多いキーワードだと分かる。

常に検索されているキーワードは「ビックワード」と呼ばれていて、ライバルも多いので検索順位で1位を取るのが難しい。このキーワードで勝負するよりも、あまり検索されていないキーワードで記事を書いていくように戦術を変えた方が良い。

そういうところまで読み取ってほしい。

 

グーグルトレンドを使うことによって、ターゲットユーザーに向けての記事を書ける様になる。