アフィリエイト案件を選定するときのアドバイス。

f:id:xxxxkun:20180629191639j:plain

ASPの中でも比較的案件が多いと言われているのがA8.netですが、いざアフィリエイトを始めようと思っても膨大な量の案件があって、どれにしようか迷っているうちに2,3日何も行動出来なかった経験が僕にはあります。

 

今回は、これからアフィリエイトを始める方に向けてアフィリエイト案件を選定するときに意識すべきことを書いていきます。

僕の中で審査項目があるので合わせて確認してみてください。

 

アフィリエイトを本当にやるのか?

話の腰を折るようで申し訳ないが、世の中には「稼ぐ方法」なんてたくさんある。

その中でも"成功するか不明確"な要素の強いアフィリエイトをアナタが続けられるか?という覚悟と冷静さが問われる。

僕はとにかく不労所得の柱が欲しかった。文章を書くことも好きだったのでアフィリエイトプログラムに参加した。

副業感覚でやるのは自己責任なので構わないが、もっと効率よく稼げる方法はある。おすすめ副業ランキングでも書いているが、アフィリエイトは再現性が低い。僕の成功法でアナタも僕同等のお金を稼げるとは限らない。もちろん僕なんかよりも稼ぐこともできるが、現実の生活とのバランスを考えて「どうやって稼ぐか」を冷静に考えた方がいい。

 

少しでも違和感があるのならおすすめ副業ランキングから自分に見合った稼ぎ方を見つけてください。

最初から「アフィリエイトをする気で、この記事を読んでるんだよ」という方は、この先を読み続けてください。

 

"どんな基準"で案件を選んでいくのか?

A8.netの主な案件をまとめた。僕たちアフィリエイターはこれらのジャンルから商品やサービスを選ぶ。

f:id:xxxxkun:20180629155946p:plain

 

ここの選定を間違えるとビックライバルに食われて稼げない日々が永遠と続くので慎重に決めるべき。

 

①報酬額で決める

もちろん報酬額が高ければ高いほど良い。ただ、報酬が高い案件ほど専門性が高くなる。自分が自信を持って語れるような内容であれば是非、参加しておきたい。

 

【代表的な専門性の高い案件】

 

 

・投資

・医療

・資格

 

etc..

 

 

専門性の高い案件の中には"希少性"も含まれる。

「その経験はアナタじゃないと語れないよ」という案件であれば報酬も高い。

例えば、「ライザップに通って実際に痩せた」という人は、ライザップの魅力を語れる人になる。口ばっかりでまともに行動しない怠惰なダイエッターよりも100倍内容の濃い話ができる。ちなみにライザップは執筆現在で1人成約につき38,000円の報酬が支払われるのだが、入会のハードル(金額)が高い案件ほど報酬額も高くなる。

報酬額だけで決めるのは安易すぎるので、特化して話せる分野であればチャレンジしても良いだろう。

 

②実体験で決める

ブログアフィリエイト寄りになるが、自分が過去、現在やってきたことを体験談として語れる案件を選ぶ。

 

【代表的な実体験の案件】

 

・ダイエット

・薄毛治療

・水虫治療

 

etc...

 

ブログアフィリエイトのメリットは「同じ悩みを抱えているユーザーと一緒に明るい未来へ歩める」ところだ。

いくつかのアフィリエイトサイトを運営している中で、ブログアフィリエイトの収益が他のサイトアフィリエイトと比べても倍ぐらいの数字を叩き出している。

同じ悩みを抱えているという共感から生まれる親近感は、「これから一緒に解決しよう!」という流れに持っていきやすい。

 

③ セルフバック案件で決める

 

セルフバック制度を使って、商品を購入してからその商品のレビューなどをサイトに掲載して報酬を得る方法。

 

【代表的なセルフバックの案件】

 

・健康食品(青汁・雑穀米・サプリメント

・インターネット接続・Webサービス

・金融

 

セルフバックのメリットは初期費用が安いところ。自分が購入することで商品代金の全額や何%が還元されるので、無料で始められることもある。

実際に自分が使っている商品・サービスをレビューするので信憑性が高いサイトを作れる。

 

大まかに分けるとこの3つの要素でどの案件でサイト構築をするのかを決める。

もちろん①②③が全て該当する案件もあるし、出来れば①②③の条件が全て揃った案件を選ぶと始めやすい。あくまでも"始めやすい"なので"稼げる"という話は別になる。

 

ライバルのリサーチ

案件は決まっても安心してはいけない。その市場にいるライバルをリサーチする必要がある。

やろうとしている案件、それに関わるキーワードで検索をしたときに、サイト構築、デザインを含め、超えられそうにない強敵が何人もいる場合はオススメしない。

追い越せない相手がいると分かっているのに、頑張ってサイト構築するのもアホらしい。

ブルーオーシャンを探せ!」と、言われるが、その考えがレッドオーシャンになって行動できない。

強敵の中で一味変えることで、未開拓の地に到達できるわけで、アフィリエイトの「案件選び」でブルーオーシャンということは、単純に「世間から需要がない商品」になるので、初めから「俺だけの市場」を見つけようとするのは意味がない。

「強敵がいる場所から逃げるけど、誰もいないところも避けよう」って、矛盾しているけど、解決策をあげるとしたら「自分が強敵と思われる存在になるまで頑張る」こと。

 

サイトから収益が出るまで、3ヶ月かかる人もいるし、1年以上かかる人もいる。

 

ブログ・サイトアフィリエイト界では、まことしやかに囁かれているが、実際にサイトが育つまではどうしても期間が必要になるので、あながち間違いではない。

サイトが育つ為には、記事の内容、ボリューム、デザイン、アクセス数、被リンクなどの要素があるが、これを実らせるか腐らせるのかは自分の作業量に関わってくるのでやっぱり自分が頑張るしかない。

試行錯誤していくうちに結果的にブルーオーシャンになっていた....と、気づくこともある。

 

まず、今からでも実践してみてほしい。

1日でも早く実践すれば、1日でも早く成功するし、1日でも早く失敗に気づける。