売れるライティングと売れないライティングの違い。

f:id:xxxxkun:20180628132222p:plain

ライティングが売り上げに関わる要素だということは間違いありません。

ホームページやブログの中では写真や動画だけではなく、必ずテキストが存在しています。

写真や動画の補足として、テキストで商品やサービスの説明をしていると思いますが、多くの人が、商品やサービスを相手に分かりやすく伝えるために"特徴"(商品説明)を述べています。

確かに商品やサービスの魅力を伝えるために"特徴"を書き起こすのは必要ですが、正直なところ商品説明だけの文章は見ているユーザーにとって何も魅力的に感じないし、「もっと、こういう文章を書いたら結果が違うのにな〜」なんてブログやサイトをいくつも見てきました。

その多くが個人で商品やサービスを提供している人です。個人(自分)を売り出すサイトやブログを立ち上げているのですが、もっと"変えるべき部分"があります。そして、上手く変える事が出来れば結果的に売り上げも上がります。

今回は、商品やサービスの"特徴"を"魅力的"にする方法を書いていきます。

 

商品・サービスの特徴を理解しよう

自社の商品だと身近すぎてなかなか俯瞰して見れないので、今回は架空のダイエットサプリメントを例に解説していきます。

よくある商品説明ってこんな感じで書かれています。

f:id:xxxxkun:20180628103727p:plain

 

確かにこのダイエットサプリメントのメリット(良さ)であり、ユーザーに伝えたい特徴でもあります。

でも、特徴だけでは物は売れません。 高品質はもはや前提となっており、どの会社の商品も同じ内容を謳っているからです。

どうにかして、他社のダイエットサプリメントとの違いを出していかないと誰からも購入されません。

売れないライティングの多くが"特徴だけ"しか書いていない傾向があります。

資金力のある会社は有名人を広告塔にして販売してきます。

「特徴」を「魅力」に変えるライティングが出来れば、他社の商品と差をつける事も可能です。

 

特徴を魅力に変換しよう

特徴を魅力に変換する方法はある程度の訓練が必要です。ざっくりした解答で申し訳ないと思っていますが、本当に考えまくるしか成功の道はないです。

特徴を魅力に変えるために"何を考えまくる"のかと言うと、、、

 

「で?その何がいいの?」

 

これを自問自答し続けてください。

気分は圧迫面接を受けている感じです。目の前にいる厳しい自分が、甘い自分を追い詰めるかのような精神状態になります。それでいいんです。

先ほどの、ダイエットサプリメントの"特徴"をもう一度おさらいしましょう。

 

① 125種類の酵素と栄養素が配合

 

② 1日1回、食後に飲むだけ

 

③ 業界最安値

 

これらの"特徴"に対して「で?その何がいいの?」を問い続けると....

 

① 125種類の酵素と栄養素が配合

 

1人では大変な食事管理もこれ1つでダイエットに必要な栄養素を摂取できる。

 

② 1日1回、食後に飲むだけ

 

忙しい時間の中でも簡単に実践できる。

 

③ 業界最安値

 

お得になったお金で、ダイエットに成功したときのご褒美を買える。

 

このようにターゲットに合わせて特徴を魅力に伝えていく。

 

f:id:xxxxkun:20180628131602p:plain

 

「で?その何がいいの?」を何度も繰り返す事で、ターゲットが「それが欲しい!」と、思ってくれるような"魅力"を伝える事ができる。

 

魅力はターゲットに合わせよう

 

ユーザビリティを高める記事の書き方でも解説した通り、ターゲットが決まっていることでその人に向けて問いかける事ができる。

 

今から、駅前で呼びかけをする。

どちらの文章を使えばターゲットに対して明確にアプローチできるか考えてほしい。

 

① 働いている皆さん。聞いてくださーい!

 

個人事業主の皆さん。聞いてくださーい!

 

間違いなく②に該当する職種の人間は振り返る。

誰でもいいから買ってくれ!という考えだと①を採用してしまって、魅了を伝える時に抽象的になってターゲットの心にも刺さらない。

ターゲット(ペルソナ)が明確であれば、そのターゲットが望む未来を"魅力"として書き起こす。

ターゲットを明確にして、商品やサービスの"特徴を魅力に変えるライティング"こそが、売れる記事の秘訣であり、基本的な部分です。

 

個人ビジネスでも同じ

勝手に命名しましたが、自分自身を商品としてお客さんを相手にするようなトレーナーのような方々も、特徴を魅力に変えるプロモーションをする必要があります。

個人において権威は大切です。

 

①サッカーコーチ

②A級ライセンス サッカーコーチ

 

①トレーナー

②ヘッドトレーナー

 

実際に合ってもないのに「どちらが優れているか」が、分かりますよね。

自分たちでは「そんなもん大したことねーよ」と、思っていても"選ぶ側"の意見を言わせてもらうと絶対に②にお願いしたいです。

個人の場合は、自分が商品・サービスに位置付けられます。

権威があったとしても「あなたは何をする人なのか?」を知られていなければ価値を上げたいと思っても上がりません。

これを明確に提示するツールとして、ブログやサイトがめちゃくちゃ役立ちます。

個人が所有している店と同じですからね。ラーメン屋とかカフェと同じです。

その実店舗が"ネットにある"だけの話ですからね。

魅せ方なんていくらでも工夫できるので、個人で戦っている方は「自分はこんな人です」と信用証明ができる場所を開拓した方が得策かと思います。