ただブログを書き続けても勝てない理由と負け癖の思考。

f:id:xxxxkun:20180606173024p:plain

趣味でやってるレベルならお咎めなし。です。

でも、それをやる事で実働の時間を削ってるなら今スグに辞めた方がいいです。

ブログを書き続けても時間に対する効果は見込めないからです。

 

今の時代はみんなネットを見ている。これは当たり前なんだ!!

よし、認知・集客のためにSNS(ブログ)を取り入れよう!

ネットで店の情報発信をしていこう!毎日1記事は更新はしよう!

 

これは勝手にやりたいと思ったことで、本当に必要なことかの判断ではありません。

 

FBにしてもブログにしても投稿するまでに文章を考えるので、少なからず時間が削られていることは間違いありません。

"それら"に時間を削られているからには"それら"のツールを使って"何を"目指しているのか明確にする必要があります。

誇張なんてしてませんよ?意味ない作業なんて誰も認めてくれないし、結果が出るわけないですよね?

時間を削ってまでやる作業ならそれなりに望む結果があるべきなのです。

 

では、考えてみましょう。

 

何を目的として、皆さんの商品やサービスの情報をネットに公開していますか?何で毎日、投稿する必要があるのか理由を答えられますか?

 

スグに答えが出なかったら、もう一度、何の為にブログやTwitter・FBをやっているか話し合うべきです。かなり間違っている方向に惰性で進んでいる可能性高いですよ。

ちなみに"ネットを通じて親近感を抱いてもらう"って言ってる人はネットをナメすぎです。その理由は後半で説明します。

 

そして、話し合うときはこんな項目に目を向けて意見を交わしてください。

 

SNSやブログの、、、

 

1.コンセプト

2.テーマ

3.方法

 

これらを明確にしておきましょう。

僕がブログやアフィリエイトサイトを作り出すときは、まずこの3つを固めてからサイト構築をします。

イメージは「木」ですね。立派な「りんごの木」を育てるイメージを持っています。

f:id:xxxxkun:20180605060116j:plain

 

この木にリンゴを実らせるために必要な要素があります。

目的は"葉"を増やすことじゃないですよね。美味しいリンゴを実らせるために何が必要かを考えるのです。

f:id:xxxxkun:20180606163342p:plain

①コンセプト

絶対ブレてはいけない部分です。「木」だと枝と葉を支える太い「幹」ですね。

ブログ、SNS①誰に?②何を?③どのように?④どんな?情報を伝えるのか考えていただきたいです。これが「幹」になります。

 

例えば、FXのアフィリエイトサイトを立ち上げると考えているならそのコンセプトはこんな感じで考えます。

 

①トレーダーがどこよりも分かりやすくトレードの極意を素人目線で伝える

 

②FX専門家とトレードを一緒に学び、負けない手法をリアルタイムで伝える講座

 

2つあげましたが、どっちでもいいです。

でも、こんなコンセプトは間違っています。

 

・FXの情報を分かりやすく伝える

 

これだけでは、コンセプトと言えません。

仮にこれをコンセプトとしましょう。こんな薄いコンセプトだと他にも同じような事をやっている人が多くて、ユーザーは特別あなたを選ぶ必要はないと思ってしまいます。

簡単に言うと差別化ってやつですね。

サイトの多くはサジェストワードを並べたものが蔓延しています。

検索クエリの記事でも紹介しましたが、【水虫 治療 おすすめ 】のような単語を並べたものです。

典型的な稼げないサイトの特徴として、検索クエリを並べただけの記事を作ってしまうことが挙げられます。

だいたいの記事が「水虫の原因は?」「水虫の由来とは?」 みたいにクソどーでもいい見出しで始まります。

まず、【水虫 治療 おすすめ】って検索している人は「水虫の原因」とか「水虫の由来」なんて興味ありません。

いや、「水虫の原因」は興味があるだろって言う人もいますが、よく考えてください。すでにこの人は水虫になっているんですよ。

そんな人に今さら「水虫の原因とは?」なんて伝えてどうするんですか。僕なら、その人が水虫の治療を頑張って治したときに再発防止の意味を込めて「水虫の原因とは?」という記事を書きます。

何回も言いますけど、検索クエリからユーザーの意図をしっかり読み取らないと、ユーザーにとって印象に残らないそこら辺のゴミサイトと同じになります。

そういうサジェストを並べるだけのサイトならウィキペディアが最強じゃないですかね。

ネット上に自社の商品やサービスを公開するってこういう事なんですよ。

ただ、写真載っけてコメント添えただけじゃ見てる人の心は何も動きません。機能的な価値はもちろん大事ですが、結局は感情で動きます。相手の気持ちを揺さぶってナンボです。ただし、煽るとか小手先のテクニックじゃありません。目的は自社の商品やサービスを知ってもらう事なので、伝わる方法を模索すればいいんです。

 

②テーマ・③方法

SNSやブログをやるときにテーマも考えましょう。

おそらく自社のホームページはあると思います。ここで考えるテーマとしては、ホームページで発信する情報と、SNS・ブログで発信する情報の違いは何か?です。

ホームページとSNSの内容が一緒であれば、どっちかやらなくてもいいんじゃないですかね。やっても損はないですけど、その行動に意味はないです。

 

SNSを活用して、親近感を抱いてもらいたい

 

んー。ないですね。確かにみんなSNSをプライベートで使っていますが、それはツールとしての馴染みがあるだけで、中身は特に意識して見てませんよ。

SNSで投稿していく目的が「自分たちの事を全く知らない人に向けて」という認知であれば、ユーザーがあなた達のSNSやブログをどうやって見つけ出すのか?を考えないといけません。

 

・どの場所から検索して?

・どんな単語で検索して?

 

認知とかいうザックリしすぎな目的を持っている人は明確にしましょう。

ここまで来たら、もう一度考えて欲しいのが、今までSNSとブログでやってきた事に意味があるのか?です。

 

・自分たちの主張ばかりの自己満足投稿になっていないか。

・ユーザーにとっていい情報を伝えられているか

・機能的価値ばかり推してる記事になってないか。

 

ここまで分析できたら③方法を考えます。どれを捨ててどれに力を入れるのか?が明確になると思います。

 

ネットを使うならキラーコンテンツを決めよう

僕がSNSやブログを使うときは"ホームページ"に人を流す目的で使っています。

店を出しているようなジャンルの人であれば、来店がゴールですよね。

SNSやブログ記事よりも、価値のある情報をホームページに置き、そこにユーザーを導くことで、最終目的である"商品購入"への流れを作る事ができるのです。

 

ユーザーを目的地へ導くためには"キラーコンテンツ"は必須です。

キラーコンテンツとは、目的を達成するために必要なページです。

 

・商品購入ページ

・無料体験会申し込みページ

・予約ページ

 

これらを指します。

キラーコンテンツをゴールとしたときに逆算をしてサイト構築をしていきます。

f:id:xxxxkun:20180606144604p:plain

 

単発記事というのは、あなたが日々更新しているブログやSNSの投稿だと思ってください。

中盤で、"適当でバラバラな育て方では美味しいリンゴは実らない"と書いた図がありましたが、これは単発記事のことです。

何も考えずにとりあえず投稿をしている人がいますが、キラーページまで逆算して単発記事を投稿する様にしましょう。

だからと言って、いきなり単独記事からキラーページの売り込みは良くありません。それも以前の記事で書いたと思います。

f:id:xxxxkun:20180606165424p:plain

ユーザーを段階的に理解させる事が必要です。そのためには単独記事の1記事だけでは難しいので、ゴールまで導くためにWebの真髄であるHTML(ハイパーテキストマークアップランゲージ)を使うのです。

f:id:xxxxkun:20180606165514p:plain

 

ブログ内でもこの様な人の流れを作る必要があります。

アクセス数があっても効果が得られないのは、ユーザーが単発記事としてあなたのコンテンツを捉えているからです。本来であれば、記事同士をリンク(HTML)が繋ぎ、離島に架かる橋のような役割をしてくれます。それがあるから人は次の島、次の記事に進めるのです。

この記事同士を繋ぐサイト構築が下手クソだとアクセス数があるんだけど、離脱率が高くて思うような効果が得られないサイクルになりがちです。(あくまでも要素の1つとして)

下手クソの原因として"ブログやSNSのコンセプトが固まってないことで、記事に一貫性が出ません。そうするとサイト自体がバラバラになってしまうのです。

育て方がバラバラだと美味しいリンゴは実らない。と言ったようにあなたの目的である「商品購入」「サービス申し込み」「来店&リピート」には繋がらないでしょう。

 

だらだらブログを書き続けても勝てないんです。

 

ブログやアフィリエイトは記事を書き続ければ成果がでる

 

こんな感じで言われてますが、そんな事はないです。

確かに自宅から徒歩で歩き続ければ何時間かかってもディズニーランドに着きますが、そもそも館山方面に歩き続けていたら一生着きませんからね。

 

頑張ればいつかなれるみたいな精神的なところに頼るのは良くないです。

めちゃくちゃ勉強するのが当たり前ですからね。そんな甘い考えではいくらSNSやブログを書いていても成功しません。

〇〇って言われてる

 

って、ことだけを信じてしまった思考停止マンは、どの分野でも負け続けます。

 

なんとなくSNS・ブログを利用するのは絵日記と同じです。

それでも仕事してる感を得たいのであれば続けてもいいですが、ネットを使うなら、まずネットの使い方を上手くならないと、ローリスク・ローリターンは回避できそうにないですね。

 

ネットを活用してると思いきや、ネット提供者側に活用されてるんです。

使えばいいってわけじゃないんですよね。