SEOから学んだ、一生稼げなそうな人種。

f:id:xxxxkun:20180516190654p:plain

アフィリエイターに限らず、ブロガーだったり会社のWeb担当の人ならグーグルアナリティクスやサチコ(グーグルサーチコンソール )は既に導入していると思うんだけど、その中の『検索クエリ』から人の考えている事だったり行動パターンって読み取れると思うんですよね。

 

SEOっていうのは、『検索エンジン最適化』って事で、特定のキーワードで検索をされた時に自社のホームページだったり、記事が上位に表示されるようにサイトを上手く構成するってこと。

上位に表示させる意味としては客の目に入るから。育毛剤を販売している会社なら育毛剤をどんどん売りたいと思うんだけど、そんな時に考えるのが『客は何て検索をして育毛剤を探すのか?』である。

ビックワードのところだと、『育毛剤 おすすめ』『育毛剤 効く』『育毛剤 ランキング』である。ユーザーがこのワードで検索をした時に上位に表示されていれば、クリックされる回数も増えるよね?見てくれる人が多ければ売れるチャンスも上がるよね?って事だ。だからSEOは大事だと言われている。

『検索クエリ』とは、ユーザーが検索した育毛剤 おすすめ』『育毛剤 効く』『育毛剤 ランキング』という言葉だ。

この5軍ブログでも一応、検索クエリは拾っている。笑

f:id:xxxxkun:20180516180149p:plain

左の数字は検索されている回数が多いクエリ。完全にグレーな記事が1位なのは問題だが、それほどユーザーは気になっている事がわかる。

雑記ブログなので検索クエリに一貫性はないが、①②④⑤はA8.netAmazonアフィリエイトコードを貼っているので、5軍ブログでも小学生のお小遣いぐらいは稼いでいる。

Web担当者なら、この検索クエリからユーザーがどんな意図を持ってこのクエリで検索をしているのかを考えないといけない。

ユーザーのゴール設定を見誤ると一方通行の押し売りセールスマンになる事は前回の【見逃し禁止】アフィリエイターが解説!!定型文じゃ人は動かないの記事でも書いたはずだ。

 

単にアクセス数だけじゃなくて、ユーザーの意図と記事の内容をマッチさせないと『俺の知りたい事はこういう事じゃねーんだよ』って思ってすぐに離脱させる。

その記事を書いている目的は自己満足ではなくて、ユーザーの興味を引くためだから、検索クエリは大切に読み取る必要がある。具体的な読み取り方法は、暇なときに書こうと思う。

 

さて、本題に入る。

アフィリエイターとして商品を紹介していると、こいつら頭大丈夫かよ...って気持ちになる。

 

f:id:xxxxkun:20180516180015p:plain

 

嫌味を言うつもりはないんだけど、『あぁ、こういう人たちを活用していけばいいのか....』と、感じる事が本当に多い。

どんなジャンルでも『活用されてしまう』人種には共通している部分がある。

それは、『思考停止』だ。人は深く調べる作業をめんどくさがって辞めているのかもしれない。

商品を提供している立場の人間が言うのもおかしいが、『もっと安く買える場所があるけど...本当にココから買うの?』と感じる。

 

仮に"A育毛剤"という商品を扱っているとしよう。

深く調べる事を辞めてしまう人は『A育毛剤 最安値』という検索クエリでは引っかからないという事が分かる。

だって、『A育毛剤 最安値』って検索してたら絶対に俺の所から買わないもん。

 

そんな100円,200円の差なんて気にしてないんじゃない?

 

って思う人もいるだろうけど、仮にそうだとしてもやっぱりその人はカモだ。

僕は、そんな気持ちで記事を書いてるつもりはないけど、どっちにしても僕は得をしているし、ユーザーの思考停止具合が分かる。

そういう人が増えてくれると、友達からの一言だけで商品が売れる可能性は高い。

『いや〜聞いてよ!このA育毛剤めっちゃ良いんだよ、お前も買ったら?』なんて言われたら『まじ??どこで売ってんの?』と、即買いするところまで予想がつく。

見知らぬ人に『このA育毛剤良いよ』って言われるより、友達とか家族から『このA育毛剤良いよ』って言われた方が『あっ、そうなの?』と、疑いもなく信用してしまう思考停止パターンに非常に似ている。

 

暗号通貨の投資でも同じ事が言える。

『ゼ、ゼ、ゼニーーー』ってなってしまっている人がめちゃくちゃ多い。

僕も正直『ゼ、ゼ、ゼニーーー』になっている事は認めるが、かろうじて勉強はしている。お金目当てなのは悪い事じゃない。何も考えてないで買ってる人が多いって事を言いたい。

そういう人を1ヶ所に集めて、『このAコインめっちゃ将来性あるからみなさん買いましょう』なんて言われたら、思考停止している人たちは目がハートになって飛びつく。

買ってから詐欺案件だった事に気づき、勝手に怒って、なんとかセンターに相談しにいく。いや完全に自分が悪い。

思考停止たちの軍隊が集まると、自分たちがどこに向かって歩いているのかも疑わない。とりあえずみんなに合わせとくか状態。日本の御家芸だ。

稼ぎたいと思って投資を初めても掴むコイン、掴むコイン、溶けていく。雲の上にいる人たちに活用されまくってしょっぱい結果になる。何年経ってもそういう層はいる。

だから活用する人はいるんだけど、暗号通貨がブームと言われ始めてから、より際立つようになっている。

日本経済新聞の切れ端見せただけで『うわ、凄いっすね!またビットコイン上がりますね』なんて言ってる層だ。もう自分で調べる事を辞めているし、完全に舵を握られている。

『あぁ、こういう人が消費者なんだ』と、感じる。

 

貴重な2,3分を削って、この記事を見てくれている人たちには思考停止状態で行動して欲しくない。活用されまくっている人たちを知っているからこそ思う。

 

アフィリエイターはその会社に活用されているという微妙なラインに立ってるが、『俺がその商品を売ってるからお前らが生きれるんだぞ、』と誇りを持って言いたい。