「アフィリエイター」になって感じた実働と時間の大切さ。

f:id:xxxxkun:20180512095634p:plain

いまやっていることに何の意味があるのかを1分毎に考えて、修正を繰り返す生活だった。

 

アフィリエイターとして稼ぎ始めたのは1ヶ月前ぐらいから。

それまで1クリックも1インプレッションも1成約も取れなかった。

ただ、3ヶ月目にして爆発的に伸びた。

 

そもそも「アフィリエイター」という言葉を知らない人もいると思うので簡単に説明する。

アフィリエイト」はサイトにアフィリエイト広告を載せ、広告ページを見たユーザーが商品やサービスを購入した時に、サイト運営者に報酬が入る仕組みのこと。

「アフィリエイター」は「アフィリエイト」をする人、その仕組みを作る人だと思ってほしい。報酬額も商品やサービスによっても変わるが、俺は1件の成約につき最低でも5000円以上の報酬がある商品やサービスを狙ってアフィリエイトサイトをつくる。

Youtuberって聞いたことあると思うんだけど、彼らとやっていることは似ている。

彼らは主にアドセンスで稼いでいるが、たまに企業とコラボして商品を紹介していると思う。俺はその商品に特化したサイトを運営して人を集めて販売している。

 

副業としてアフィリエイトは有名だが、そんなに簡単に稼げないということもよく知られていると思う。(副業っていう言葉が嫌いだが分かりやすくこの言葉を使う)

60%近くが5000円も稼げないと言われているが、あんなの本気でやってないだけ。そういう人がいるおかげで自分が稼げるってこともあるが...

「月に5万、10万稼ごう」って言ってる人いるけど、そんな金額の目標設定なら何も考えないで居酒屋とかでバイトした方がいい。

だけど、バイトは「時給」っていう縛りがあるので稼ぐ限度額が限られている。1ヶ月で100万円も稼げないだろう。あと意味がない。

 

アフィリエイターになると良いことはたくさんある。俺も正直びびった。

 

①時間に余裕ができて、自分の為の時間を使える。

 

②仕事のレバレッジが効くので、意味ある仕事しかしなくなる。

 

③コピーライティングなどの文章表現の技術を学ぶことで、どんな商品でも、どんなサービスになっても仕事ができる。(仕事の幅が広がる)

 

④休みは自分で決められる。

 

⑤時給の概念がなくなる。

 

いま実感しているメリットはこのぐらい。特に③は本当に実感している。

アフィリエイトはネットで稼ぐ」っていうイメージがあると思うんだけど、集客して教育して販売する流れってどんな仕事でも同じ。

与えられている仕事を仲良く分け合ってると気づかないと思うけど、大枠は同じ。団体戦個人戦かって話。

いま4サイトの運営をしているが、それぞれジャンルも違う。完全にオリジナル商品もあるので、広告主が飛んだからお金が入ってこないというリスクはない。

同じアフィリエイトでもサイトやジャンルを分散させることでリスク管理にもなる。

ここまでが「アフィリエイトについて」の紹介。

 

ここからは、アフィリエイターとして日々感じていることを書き殴りたい。

 

誰がなんと言おうと、時間が大事。時間。時間。時間。

そして実働。実働。実働。これしかない。

俺の中での実働は、いまやっていることが意味あることであればOKだし、意味ないならやらない。

アフィリエイトサイトで成功をおさめるのはかなり時間が必要になる。3ヶ月で成果を出す人もいれば、半年、1年、それ以上の人もいる。

成功までの時間を短くするためにはアフィリエイトについて深く研究しないといけない。1ミリでも前に進みたい。だから時間が大事だし、実働をしないといけない。

 

あ、、、どんなことでもそうですけど、読書って意味ないですからね。

 

ビジネス本とか読んでるから自分が成長してるって勘違いしてるけど、「たくさん本読んでるから稼げる」ってことないから...

勝手に自己啓発ってる人たくさんいるけど、本たくさん読んで評価されるの小学生ぐらまで。

著名人が「成功したのは本とか読んで勉強したからです」って言ってるけど、あれは本を読んで自分で思考しまくってるから。「本読んで学んだことを実践しまくった人」と「成功したいから本を読む」って全然違うから。

自己啓発本って悪くないんだけど、そっからのセルフイメージが大事。

最近だと「君たちはどう生きるか」って本が注目されてるけど、あんな感じの本を読んだ後には必ずセルフイメージをしないと読書の意味がない。

「今の現状を把握すること。そこから自分が望んでいるゴールにはどうやったらたどり着けるのか?」「途中でどんな事を学んだらいいのか?逆に必要のないことは何か?」「どんな人が必要か?どんな人から離れた方がいいのか?」を長期的に考えていくべきだし、そこまでのセルフイメージができないと著者の養分になって終わる。PRGみたいなことだ。自分の人生をドラクエみたいにして考えるべき。

 

俺もセールスレターとか行動心理学を勉強するために本を読むけど、それよりも学んだことを実行する実働の時間の方が長い。

多くの人は、本を読んで勝手にスッキリして、その爽快感をまた味わいたいから同じ様な本を次々と買ってしまう。ただのノウハウコレクターで使えないやつになる。

 

インプットよりもアウトプットを多く。

 

アフィリエイターにとって、記事更新もそうだが、サイトの中での導線を考えることも「実働」になる。

いくらSEOで上位でもアクセス数がなければ成約される可能性は少ない。アナリティクスやサチコなどで検索クエリを拾ってきてロングテールで戦うのかビックワードで勝負を仕掛けるのかなどの戦略を考える。あくまでもサチコは指標だし、アクセス数を増やすためのツールなので検索順位が下がったからといって慌てる必要はない。

アナリティクスで離脱率を見ながら、動画を入れたり関連記事を記事下に配置したり、記事のボリュームをチェックしたり考えることはたくさんある。

どう考えても片手間で成功できるほど、ラクじゃない。

 

こうやって常に「実働と時間」を意識して過ごすことにしている。

 

セールスって人を助けることなんですよね。人は感情で物を買うから結果は後でついてきます。

まず、その人について深く知ることから始める。

あの人を助けるために何ができるか?を考えないといけない。

 

次回はもっと掘り下げて「こんな文章の書き方はNG」についての記事を書きます。

 

<追伸>

 

SNSでよく見かける「気になる人はご連絡ください」なんて書き方アウトですよ。

それについても解説します。