転売から学んだビジネスの基本と極意

新たな知識をゲットしたので、早速試してみました。

最近、商売について悩むことが多くなってきたので、初心に戻ろうと物販を再開しています。(本当は資金集めww)

 

安く買って高く売る。

なんだってそうじゃないですか?

仕入れ価格よりも安く売る人いないですよね。

仕入先との駆け引きだったり、お客さんに提供するときのセールス文章だったり学ぶことは本当に多いです。

 

面白いと思ったことは、プレーする場所が違うと物事の考え方が変わるってことです。

自分で理解しやすいように『プレーする場所』と表現をしていますが、簡単に言うと、社長と従業員では考えることもやることも違うってことです。

それ当たり前じゃん...と思うかもしれませんが、実際にその立場になるとめちゃくちゃ違うと感じます。

ただ知っている人と実践した人では結果が違うんです。

『そうらしいよ〜』が『こうだ!!』に変わるんです。

 

昔は与えられたことを『こなす』ことに力を入れることが多かったですが、

今は『自分でお金が流れる仕組みをつくる』ことに力を入れなくてはいけません。自分でコンテンツを作って、仕入れ価格を決めて、取引先の人とワチャワチャする。

DFからFWに変わっただけでこんなにも景色が違うのか!という驚きを感じながら、ワクワクの毎日を過ごせています。

 

教育論とか哲学とか正解がなさすぎて語り合いたくないけど、僕は教育として『転売』をオススメしたい。

『稼げる or 稼げない』は結果論であって、そんなのは頑張れば未来は変えられる。

魅力的なのは転売をすることで『物とお金が流れている仕組み』を学べる。だから『転売』をオススメしたい。

もちろん『利益を出すためにどうするか?どう稼ぐか?』これを一番に考えることなので、結果として『物とお金が流れる仕組み』を学べるが正しい表現かもしれない。

小学生でもやらせていいと思うし、中学生ならめっちゃ賛成、それが現実的じゃないなら『転売』の要素を組み込んだスマホゲームをやればいいと思う。

まぁ、本人に興味があったらの話だが。

 

さて、こんな事を話すために記事を書いているわけじゃない。

衝撃的な本に出会ったのでそれを紹介するために、PCに電源を入れたのだ。

FBにも投稿したが、、、この2冊は今の僕にぴったりの教科書だった。

 

 

どんな内容か説明するのは長くなるし、めんどくさいので、結果だけ伝える。

とりあえずやってみることが大事なので、試しにAmazonとメルカリで同じ商品を同じ言葉を書いて売ってみた。

f:id:xxxxkun:20180408215623j:plain

 

4月6日にAmazonに出品したら翌日に売れた。左上に9700JPY(円)と書いてあるだろう。この金額で売れたのだ。

ちなみにメルカリも同じ価格で売れていた。

 

僕がいじったのは『商品詳細欄』の文章だ。

『どんな情報を書くのか...』いや、『どんな想いを伝えるか』で結果が変わることを学んだ。

ちなみに僕が売ったのは『暖房器具』だ。

この季節に暖房器具も売れる。普通に考えたらこれから暖かくなる季節に暖房器具は買わないと思うでしょ。

でも、『どういう想いを伝えるか』によって結果は変わった。

 

この表現だと『楽に稼いでる』と思われるが、決して楽じゃない。

めちゃくちゃ戦略を練った。そして自分の考えや先入観を捨てて、購入者の気持ちになって考えまくった結果だ。

 

ビジネスには型があると言うが、これは本当だ。

まず型にハマらないと自己流もクソもない。

だいたい、最初からオリジナルを出そうとすると間違った方向に進んでいることが多い。昔の僕がそうだったからこれは事実だ。

この本に習って、相手の欲求や心のバランスを崩すための言葉を探した。

見つけて実践した結果がさっきの表の数字。

9700円は1個売れたときの数字。とりあえずあと10個取り寄せることにした。

季節とか商品とかに縛られることなく、稼げたことは間違いなくこの本のおかげだし、自分の自信にもなった。

こういう積み重ねがあって収入の柱が増える。

 

僕は人の悩みを解決する仕事をしている。

それはこんなブログとは違って自分の思いをダラダラ書くものではない。

主戦場はインターネットだ。

『え?ネットビジネス?』みたいに食いついてくる人もいるが、すげ〜ストライクゾーンを広げるとネットビジネスと言えるかもしれない。

まぁ、皆さんがイメージしているものとは正反対なので安心していただきたい。

『ネットビジネスって〜』と言ってる人がいるが、そもそもみんなネット使って仕事していることを認識してほしい。

客とか取引先に連絡をするときに鳩を飛ばしているなら僕が謝る。

客や取引先に向けてDMしたりHPつくったり電話するっていう事がお金を生む仕組みなんでしょ?

じゃあそれもネットビジネスじゃん!

 

まぁ、こんな概念的な話をしても生産性なさすぎるんで控えるが、

インターネットを主戦場として使っている僕にとって、顔の見えない相手に思いを伝えるのは非常に難しくて悩む毎日だった。(今もそうか)

 

特に『不変のマーケティング』はネットビジネスマンと呼ばれる人にオススメしたい。

自分が持っている会社、コンテンツ、メールの文章構成まで、全てを学べる。

だって、みんな安く仕入れて高く売ることをしてるんでしょ?

場所とか職業が違うだけでしょ?

俺は弁護士だから『安く仕入れてそれよりも安く売るぜ』なんてことないよね?

そもそも一緒だよね?

だったらコレめっちゃいいよ。

 

冒頭にも書いたけど、プレーする場所が変わると見える景色が違うんだよね。

いろんなことが複雑になりすぎているから、見えなくなっているだけで、ビジネスの基本が成功の極意だったりするんだね。

常に謙虚に。自分はクソだと思って毎日勉強しましょう。上には上がいます。