『検索をする』為に、まず検索すること。

f:id:xxxxkun:20180213142644p:plain

どうもスナ(@morisuna808)です。

検索を最適化するための方法を検索します。

 

僕たちの日常である検索するという行為。

調べたい言葉を文字にして打ち込むだけで膨大な量の情報を浴びることができる。

 

その反面、自分が本当に得たい得るべき情報までに到達できないこともある。

次ページ....次ページ....1つ戻る....

 

全くない....もういいや!!!

 

情報量が豪雨すぎて傘ささなくていいや!と、感じてしまう。

これ以上、検索することを続けると、探す手間や時間を奪われ自分にストレスを与えてしまう。

ストレス回避の為に『その情報は無かった』と脳が情報をすり替えてしまう。

おい。インターネットをナメるな。情報はそこにある。

 

 

今回は、検索をするために検索することについて書いた。

 

 

and検索

 

例えば、『亀を飼育する為に必要な道具や環境について知りたい』ときに、

だいたいの人が、こう検索するのではないか?

f:id:xxxxkun:20180213123046p:plain

 

『亀』と『飼育方法』という2つのキーワードを検索するときには、

『亀(スペース)飼育方法』と入力するだろう。

 

『亀』『飼育方法』の両方を含むWebページのみを検索することをAND検索という。

f:id:xxxxkun:20180213132426p:plain

検索バーの入力は『亀 (スペース)飼育方法』になる。

f:id:xxxxkun:20180213132021p:plain

 

 

 

or検索

 

or検索では、『亀』または『飼育方法』について書かれているWebページが表示される。

f:id:xxxxkun:20180213132538p:plain

 

 

この場合は、『亀』と『飼育方法』のいずれかに関係のあるWebページが表示される。

飼育方法について書かれていない亀のページだけが表示されたり、犬や猫や鳥の飼育方法が表示される。

 

検索バーの入力は『亀 (スペース)or飼育方法』と入力する。

f:id:xxxxkun:20180213132936p:plain

 

not検索

 

not検索では、not以降に入力したキーワードを除外した検索をすることができる。

『亀』は含む『飼育方法』は含まないWebページを表示する。

f:id:xxxxkun:20180213133313p:plain

 

亀に関するWebページから飼育方法について書かれているページを除くことで、

必要のない情報を捨てる。

 

検索バーの入力は、『亀(スペース)not飼育方法』である。

※notの部分はー(マイナス)でもOK!!

 

 

『and検索』

 Mr.Children桜井和寿に関わる情報が表示される。

f:id:xxxxkun:20180213135739p:plain

 

『not検索』

Mr.Childrenの情報を含むが、桜井和寿に関する情報は含まれない。

f:id:xxxxkun:20180213135718p:plain

 

 

検索能力を上げることで、時間とストレスの問題を解消できる。

検索結果から分かることは、自分と同じ悩みを抱えている人は必ず存在する。

勇気を持って解決策を提示してくれている人を見つけだすことがあなたの使命である。

 

何か悩みを抱えているなら検索のための検索をしてほしい。