ペーパーウォレットを作ってビットコインを保管する。

f:id:xxxxkun:20171221214309p:plain

どうもスナです。

ビットコインを紙にします。

 

どのコインもアゲアゲすぎて手をつけられない状況にいます。

XEMは100円台をキープ。ETHは10万円をタッチしそうな勢いを見せています。

f:id:xxxxkun:20171221143301j:plain

 

ビットコインから分裂して生まれたビットコインキャッシュのが予想外の追い上げを見せたのでかなり美味しい状態でした。

ちなみにビットコインキャッシュ(BCH)は付与されたもので、無料でゲットしました。ラッキー!

【BCH / JPY】

f:id:xxxxkun:20171221144015p:plain

 

2017年は仮想通貨元年。

2018年はビットコインキャッシュの年になるかな?笑

 


 

今回は、資産管理の方法としてペーパーウォレットを紹介します。

ビットコインを貯金ツールとして考えていれば、取引所に置きっ放しにするのはリスクが高いので、自分の財布(ウォレット)に保管しておく事をオススメします。

 

以前、このブログでもオンラインウォレットを紹介したと思います。

基本的にはネット上にある財布で暗号通貨を管理をしていくのですが、今回は紙幣のように紙ベースでビットコインを管理していく方法を紹介します。

 

「実体のないバーチャルなお金」から「実体のあるバーチャルなお金」に変えますww

 

ペーパーウォレット

 

ビットコインアドレス」秘密鍵を紙に印刷して、ビットコインを保管します。

媒体がになるので、インターネットを介して起こるハッキングの可能性は限りなくゼロに近くなります。

取引所を開設させたり、ウォレットを作成するときにセキュリティを高くするための作業をしたと思います。

それも、外部からの攻撃から自分の資産を守る為の作業です。

自分の家に鍵をかける事と同じです。防犯対策しますよね?

 

紙に資産を移していれば、自分の手元で資産を管理できるので、ハッキングの様な攻撃からは守ることができます。

 

僕も試しに作ってみました。

1円も入ってません。笑

f:id:xxxxkun:20171221211701p:plain

 

紙に印刷されているQRコードビットコインを送るアドレスです。

このアドレス宛に1BTCを送ったらこの1BTCが送られます。

 

ペーパーウォレットからビットコインを抜き出したい場合はオンライン上のウォレットから取り出すこともできます。

 

全く取引をしない人で、5年後、10年後など長期保有を考えているならペーパーウォレットにする価値はあると思います。

秘密鍵は誰にも見せない様にしましょう。

 

 

注意点

セキュリティは最強ですが、紙ベースなので物理的な攻撃に弱いですwww

・燃えたり

・切れたり

・濡れたり

・失くしたり

・インクが薄れて読み取れなくなったりetc...

 

保管方法も考えていかないと、せっかく成長したコインを受け取れなくなってしまいます。

 

完全にネタ枠で作らせてもらいました。笑

次回は作成方法を紹介します。

 

 

・なぜウォレットを作るのか?

 

・実際にどんなウォレットを使っているのか?

 

 

系の記事はコチラ⬇︎

www.morisuna808.com

 

 

www.morisuna808.com