売人...Tetherが大暴落を救う鍵!!

f:id:xxxxkun:20171019222929p:plain

 

スナです。

一旦、売人にお願いします。

 

前回の記事で、ETHの右肩上がり感がハンパないとチャートを出して紹介しました。

僕が暗号通貨の取引を始めてから全体的に見ると上がっている。と言えますが、

常に上がり続ける相場は存在しないと思います。

ETHも40,000円台の時もあれば、数ヶ月後には20,000円台まで急落した事もありました。

ETHの値上がりで調子乗り、利確しよー。って思ってたら地獄の様な急落を体験したこともあります。

 

そんな感じで周りからざわざわざわ...と聞こえてきた時にある暗号通貨を発見しました。

 

その暗号通貨の特徴を知った時にチャートの読みを外す天才の僕でもコレがあれば怖くないかも...そう感じました。

 

Tether : USDT

f:id:xxxxkun:20171019200147p:plain

 

Tether : テザー

通貨名:USDT

Tetherの公式サイトはこちらから。

 ホワイトペーパーはこちらから。

 

Tetherの最大の特徴は、法定通貨と連動した価格になることです。

1USDT=1USD(1米ドル)と相場が固定されます。

Thetherは米ドルに限らず複数の法定通貨為替レートが固定されています。

この様な他の通貨に価値を連動させている通貨をペッグ通貨と呼びます。

 

Tether(USDT)には発行母体が存在します。

香港にあるTetherの運営会社(Tether Limited)に法定通貨を預けることで同額のTetherを貰えます。

逆に交換したTetherを換金すれば、法定通貨が戻ってきますがTetherは失くなります。

 

問題点は発行元が存在する事です。(香港の会社)

発行元が不正をした場合には誰にも止められないので、Tetherと法定通貨は消滅する可能性があります。

 

使い道

冒頭でも言いましたが、常に上昇していくチャートはありません。

上がったり下がったりの繰り返しです。

法定通貨の価格はあまり変動がありませんが、暗号通貨の価格は変わりやすいです。

変わりやすい市場だからこそ暴落を狙って(安いときに買う)購入して、上がってきたら利確(高くなったら売る)しようと思います。

Tetherを使うタイミングは利確をする時だと考えています。

 

①1BTCが50USDとします。(購入)

②1BTCが100USDになりました。(USDTに利確)

利確した価格で固定しておく。

③相場が荒れて暴落1BTC=20USDに。

④USDTにしていることで暴落にも耐えられ、安くなった所で買い戻せる。

f:id:xxxxkun:20171019220427p:plain

 

20ドルになった所で買い戻している図ですが、100ドル以下から買い戻しても利益は出ます。

 

 

Tetherの購入場所

Thetherの購入場所は海外の取引所のBittrexやliquiです。

 

【Bittrex】

f:id:xxxxkun:20171019221213p:plain

https://bittrex.com/Home/Markets

 

【Liqui】

f:id:xxxxkun:20171019221316j:plain

https://liqui.io/

 

 

Liquiの取り扱い説明書です⬇︎ 

www.morisuna808.com