脅された結果、俺は財布をTREZORにした。

 

f:id:xxxxkun:20171015131208p:plain

スナです。

お金を入れるものにお金をかけたらお金がなくなる。

 

暗号通貨界にも財布が存在することはご存知でしょうか。

ビットコインはどこの国にも依存しない独立した通貨です。

ビットコイン国で使われている通貨がBTC(ビーティーシー)というイメージです。

(円・ドル・ユーロ・BTC...)みたいに。

 

現金で買い物をしたときに、お釣りは財布に入れますよね。

財布は現金を失くさないように管理することが目的です。

 

ビットコインにも財布が存在してBTCを保管することができます。

硬貨の様に実体はありませんが、数値化されてデータ管理が出来るのです。

 

この記事を読むと"なぜ保管するのか?"理解出来ると思います⬇︎ 

www.morisuna808.com

 

本題に入る前に一番最悪なケースを紹介します。

"暗号通貨を買ったままその取引所に置いておく"ケースが最悪です。

今後取引をするなどの意図があれば取引所に置いておくのはアリですが、

とらーず化けるまで放置(ホジホジ

スタイルなら取引所に全財産を置いておくのは危険です。

過去にMt.GOXという取引所が、ハッキングによりユーザのビットコインが全て奪われてしまう事件がありました。

f:id:xxxxkun:20171015092546j:plain

 

この事件があってから「ビットコインは詐欺だ」「ビットコインは怪しい」と言われるようになりました。

問題なのはビットコインではなく取引所の脆弱性です。

例えばiPhoneを扱っているdocomoSoftBankauという会社があって、

その中の"au"が社内で問題を起こしたのに、iPhoneだと言っているのと同じです。

製品には問題ありません。使い方が問題になっているだけです。

 

日本ではコインチェックというユーザからの信頼度の高い取引所がありますが、

有名だから100%安全と思うのはダメです。

インチェックに問題が無くても扱う"アナタ"に問題があるとゴックスと同じ運命が訪れるでしょう。

 

自分の資産は自分で守らなくてはいけません。

暗号通貨はそういう世界だと思っています。

その為にはセキュリティの高い財布を用意する必要があります。

 

財布を持とう。

f:id:xxxxkun:20171015071717j:plain

 

暗号通貨では財布をウォレットと呼びます。

このウォレットにも種類があるのですが、本日は有識者の中でもセキュリティ最強と言われているウォレットを紹介します。

 

TREZOR

 

f:id:xxxxkun:20171015094031p:plain

 

暗号通貨のウォレットには秘密鍵が存在します。

ウォレットは口座です。

秘密鍵暗証番号、通帳、印鑑の全ての役割を果たします。

 

秘密鍵を知られてしまうと自分の銀行口座に入られて資産を全て把握され盗まれてしまう事と同じです。

 

この秘密鍵を厳重に管理出来るのがTREZORの強みです。

暗号通貨を送金するときには署名というシステムがあります。

"AさんからBさんに1BTCを送る"という取引をするとします。

送金する前までの1BTCはAさんのビットコインです。

1BTCの所有権はAさんにあるということです。

これをBさんに送る為にYes,Noの署名が必要になり取引で承認されたらBさんに送られます。

 

秘密鍵が悪者のCさんに流失してしまうと、Cさんが"この1BTCは僕のもの"と書き換えてしまえば、1BTCの所有権はCさんに移ります。

実質、盗まれた様なものです。

 

TREZORでもバレないの?

 

TREZORでは送金するときに応答してくれます。

こちら側から秘密鍵教えてくれ。と命令してもシカトされて終わります。 

送金するときは"Bさんに1BTCを送ってもいい?"とTREZORが教えてくれます。

その応答に対して自分がOKすれば送金が可能になりBさんに所有権が移ります。

 

ビットコインで稼いだぁぁー。フォー!!

 

ってなっていても、 しっかりと管理をしないと勝手に所有権は放棄する状態になります。(盗まれます)

 

TREZORのセキュリティ

f:id:xxxxkun:20171015120921j:plain

 

TREZORにはリカバリーカードがあります。

※画像の白いカード。

 

TREZORを購入して初期設定するときに24単語を確実にメモを取る必要があります。

リカバリーカードに写した単語は、端末が壊れたり紛失してしまったときに復元のために必要なパスワードになります。

絶対にメモを取るようにしてください。

 

f:id:xxxxkun:20171015121332j:plain

 

TREZORにログインするときは暗証番号が必要となります。

初期設定で決めた暗証番号をPCに打ち込んでいくのですが、毎回文字盤の位置が変わるようになっています。

スマホでも暗証番号をタッチして入ると思いますが、番号の位置は変わりませんよね?

TREZORではスクリーンを見られてもパスワードが解析されないようになっています。

 

僕はAmazonから購入してそのまま問題なく使っています。

 

https://www.instagram.com/p/BVEErQnjtq2/

#TREZORビットコインハードウォレット。

 

 

とりあえずシールがたくさんもらえます。笑

 

TREZORを導入することで自分の膨らんだ資産を厳重に守ってくれるので、余計なストレスを感じないで、安心して暗号通貨の世界を楽しむことができます。

 

ビットコインバブルと呼ばれた謎の時期には国内で欠品状態になることがありました。

 

【TREZORに保管出来る暗号通貨は下記の通りです】

 

ビットコイン

ライトコイン

・Zcash

・Dash

イーサリアム

イーサリアムクラシック

イーサリアム系のトーク

 

 

暗号通貨を買う前にウォレットを揃えておくことをオススメします。

 

 

設定方法は後日書きます。

 

 

 

 

たぶん。