"ICO"にイコ。

f:id:xxxxkun:20170929144116p:plain

スナです。

ア、ア、アイシーオー???

 

暗号通貨に情報を浴びていると、

ICOが始まるぞ!!

これから値上がるから今買っとけば儲かるぞ!!

 

この様な表現を耳にします。

100%儲かるならちょっと気になるけど"ICO"という言葉に疑問を覚えた僕は"ICO"について調べてみました。

 

ICOってなんだよ。

 

f:id:xxxxkun:20170929133543p:plain

 

暗号通貨の"ICO"は「Initial Coin Offering」の略で「クラウドセール」の事です。

めっちゃざっくり言うと"クラウドファンディングの進化系"です。

 

ICOは「トークン」と呼ばれる暗号通貨を発行してそれを販売する事で開発資金を調達する方法です。

 

株式でもICOでも目的は"資金調達"ですが、株式の場合は事業体が現在、稼いでいるのか?今後も稼いでいけるのか?を大事にしています。

ICOでは、発表したプロジェクトが今後、社会をどう変えていくか?を基準に見ています。

 

株式では国ごとに規制がありますが、ICOで発行されたトークンはネット間でのやり取りが出来るので国に依存されることはありません。

P2Pと呼ばれるネットワークを利用し、第3者機関がなく個人間での移転が出来ます。

 

クラウドファンディングも種類がたくさんあります。

 

 

f:id:xxxxkun:20170929134645p:plain

 

これが"ICO"です。

 

f:id:xxxxkun:20170929134718p:plain

 

開発チーム(発案者)が「こんな感じで世の中を変えていくシステムをつくる」と公開します。

 

そのプロジェクトを見て、

 

おぉ。いいね。

 

と思ったら"暗号通貨"で支援します。(BTCはあくまでも例)

開発チームはICO参加者にトークンを渡すのです。

 

実はそのトークンで他の暗号通貨に変換したり、モノやサービスに変えたり、高騰したら利確することも出来るのです。

 

もちろんそのトークン(コイン)が上場されたら値上がりをする機会があるので、

ICOに参加して早めにトークン買っとけばいいだろ思考があります。

(上場されない可能性もあり)

 

実際にそのチームがどんな開発をしていくかを知らずにトークンを購入している人も少なくありません。

 

※この記事を書いている人もそうです。

 

そんな僕みたいな人たちを騙してくる人もいるのです。

 

 

このICOに参加すれば(金払えば)絶対儲かるよ!!

◯◯←こんなことするよ!! 

 

そんなヤツに食いついてしまい、支援してしまうのです。

本来ならば、プロジェクト開発資金として適正に使われるべきですが、

どこかの黒い人たちは開発に取り組まずに

 

ゴルフでふぁぁぁーー資金にしているのです。

 

(ヤバい消される)

 

 

そんな人たちもいるので頭に入れておいてください。

"ICO禁止"になったりと規制がかかってきています。

 

jp.techcrunch.com

 

jp.wsj.com

 

リサーチはこれ!!

 

f:id:xxxxkun:20170929143254j:plain

 

やるべき事はリサーチです。そして、"ホワイトペーパー"を読みましょう!!

 

正直、SNSでの情報収集には限界があります。

そこで開発側が出している"技術内容の公開文書"を読んで理解する必要があります。

 

"ホワイトペーパー"とは↓

www.tottemoyasashiibitcoin.net

 

 

"とりあえず儲かるから買っておく"ではなくて、

そのプロジェクトが社会に与える影響を理解しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

よし。すなコイン作ろ。