暗号通貨をチラ見しているアナタへ。僕が始めた頃と今。

f:id:xxxxkun:20170922222338p:plain

 

スナです。

大人気"だった"YoutuberがVALUで問題を起こしたのが

キッカケで、小学生の口から"ビットコイン"という単語が出てきた時は

さすがにビックリしました。

 

SNSを見ていても、 

"この暗号通貨は激アツだよ"

"買うの今だよ"

そんな感じで発信している人めっちゃいるし、実際売り抜けてる疑惑の人いるし...

とりあえず誰も責任とってくれないので、損をしても、

切り替えよぉー。(パチパチパチ)

しか言えないです。

見極める"目"と"頭"を鍛えるしかありません。

 

 

さて、今回は僕が暗号通貨を初めてから現在までの状況をザッと買いていきます。

 

めっちゃ儲かった。

f:id:xxxxkun:20170922201528j:plain

 

僕が始めた頃は、

何買ってもいいんじゃね?

こんな状態でした。

"何買っても"という事は1つだけではなく"複数ある"という意味です。

前回の記事にも書きましたが、暗号通貨の種類は豊富です。

一番有名なのがビットコイン(BTC)で、ETHやXEMと呼ばれるコインも

存在します。

 

僕が暗号通貨を始めた頃はこの複数あるコインの"何"を買っても

常に値上がり状態でした。

 

ビットコインを買って値上がりしたらそのビットコイン

違う暗号通貨を買って更に増やしていく。

僕はビットコインの枚数を増やす事を目的として

運用をしています。

どのコインでもアゲアゲな市場で僕の戦術はどハマりして

けっこう儲かりました。

 

じゃあ、今は?

 

全体的に見ると勢いは"下がっている"のかと思います。。。

暗号通貨の価格変動をもたらす原因は、

当たり前ですが、暗号通貨を扱っている人が影響を及ぼしています。

最近、中国では暗号通貨に対して厳しい規制がかかりました。

そうなってしまえば対象となる暗号通貨は使いづらく、欲しい人は

少なくなっていきます。

欲しい人が少なければ"そのコイン"の価値は下がり、値段も下がっていくのです。

世界的に見ても人口の多い中国では暗号通貨を扱う人が多いです。

そこで大きな問題が起これば暗号通貨界隈の影響も大きいのです。

この様に、国の問題によって暗号通貨の価格が変動することもあります。

 

 

最近、日本でも"暗号通貨の税金について"の法案が開示されました。

そのうち"暗号通貨と税金"の記事を書きます。

 

アルトコインはどうなのか?

 

ビットコイン以外の暗号通貨を総称して

"アルトコイン"と呼びます。

 

先ほど、"複数ある"コインの例でETHとかXEMなどを挙げましたが、

このコイン達をアルトコインと呼びます。

 

 

f:id:xxxxkun:20170922212715p:plain

 

 

現状、アルトコインも下落気味です。

 

イーサリアムも一時期、4万円台で安定をしていましたが

現在は2万8000円。

昔のように「とりあえず買っておこう」戦術は怖くて出来ない人は多いでしょう。

 

まぁ、僕みたいな変態は、

 

あれれ?買い時じゃね?

 

高値掴まなくてよかったぁ♡

 

ってなります....

 

判断基準は"価格"だけではなく、そのコインの開発力やマーケティングを見ます。

あとは値動きで購入するタイミングぅぅぅ。を見極めます。

(難しい話は個人的にしましょう!!)

 

 

結論

①どれを買ってもアゲアゲな時があった。(詐欺コインは除く)

②今は購入する暗号通貨を"見極める"必要がある。

③リサーチ大事だよ。

 

 

以上。デザインがかっこいいだけで買ったら大損した男からの報告でした!!

 

 

まじGNTの開発どうなってんの?www