【本の読みかた】忘れている事すら忘れてしまう人間。

 

f:id:xxxxkun:20170820192510p:plain

スナです。

僕は年間、約100冊くらい本を読みます。

教育学、心理学、評論、マーケティング本などを読み漁っています。

今回は僕の本の読み方を紹介します。

 

 

全部読むのはバカがやること。

結論から言います。

 

僕は本を全部読みません。

 

え??

 

本を読むときにはルールを決めています。

 

知りたいところだけを読む。

 

当たり前の様に聞こえると思いますが、ほとんどの人が

惰性でページをめくっている状態に陥っていると思います。

 

せっかく買ったから全部読まなきゃ!!

って気持ちも捨てましょう。

 

 そもそも本を買って読んでどうしたいんですか?

 

しゃあああ!!難しい本を読んだぁぁ!

 

ってヤツですかね。笑

その感じだとお金と時間が無駄になっているかも知れません。

 

 

僕は本の存在をこうやって捉えています。

 

実践するための教科書。

 

 

本は自分の知らない事知りたい事が載っている教科書です。

 

そこで得た知識を実際に使わなければ永遠に自分の力になりません。

 

読んだスッキリ感を覚えて終わりでしょう。

そのスッキリ感も一時的なものだと思います。

人間は残念なことに物事をすぐ忘れてしまう生き物なので、

覚えるまで繰り返しやらないと身につかないのです。

 

 

時間を....奪われる。

 

皆さんは簡単に出来ると思っている事をずーーっとやり続けますか?

 

ここで問題です。

 

Q アルファベットを順に答えてください。

 

 

・・・

 

・・・

 

・・・

 

ABCDEF...XYZ

 

 

イージー。

ですよね。

 

あなたが英会話を学ぶ人だとして、毎回このアルファベット順を書く練習やりますか?

 

僕なら絶対やらないです。

理由は簡単。

 

できるから。

 

既に出来ることをやる時間があるなら、出来ない事を出来る様にする

時間に変えたいです。(僕なら)

 

 

本も同じです。

まず目次を見てから、自分の知りたい事、興味を唆る場所を見つけます。

 

決めたらそこを読んで他は一度も見ません。

余計な情報を入れて頭の中がごちゃごちゃになるのが嫌なんですよね。

 

とりあえず1ページ目から読むか...

というスタンスだと何時間、何日経てば読み終わるのでしょうか。

僕ならその時間で、

学んだ事を使う。

出来ない事を出来るようにする実践の時間にしたいです。

 

 

みんなネット検索では上手くスペースを使って検索をするのに

本では検索を上手く使えていません。

 

 知りたい事は「情報」ですよね。

それが本かネットかの違いだけですよね。

 

本はたくさんの情報を与えてくれます。

 

アタマが一番の財産。持ち運びも簡単!!