【大人の自由研究】男の野営編

f:id:xxxxkun:20170814095956p:plain

 

スナです。

相棒のトモキと1野営2日を経験してきました。

 

よくわかんない奴×よくわかんない奴=理解不能

 

あ!野営したくね?

おぉ、いいね。面白そう。

 

 

俺たちに足りない物ってなに?

んー。自然力じゃない。

 

プールとかカフェってアクシデント要素少ないよね。

楽しいときって誰でもいい人になれるよな。

ピンチのときにいかに冷静な判断ができるか?だよね

 

これで決まりです。

片道、約2時間かけて到着!!

場所は昨年と同じところにしました。

 

昨年は霊的アクシデントが起こり、急遽、拠点を変更しました。

そのリベンジという事で同じ場所にこだわり、一晩過ごす事にしました。

f:id:xxxxkun:20170814100523j:plain

 

丸太重すぎ。

この丸太が後々、僕たちのお尻を破壊することになります。

 

焚き火スタート!

 

f:id:xxxxkun:20170814100756j:plain

 

横に川が流れているので、川辺の石を使って土台作り。

 

f:id:xxxxkun:20170814101759j:plain

 

僕はけっこう雑で、トモキは几帳面なので彼に任せました。

 

燃える枝とか木をまとめてドサッと入れればいいんじゃないの?

って思ってしまうんですよね。

 

 

トモキはちゃんと風とかも計算してやってくれるので頼もしいです。

 

 

よーーーし!! 次は夕食だ!!

 

①川チラ見

②魚いない

③お互い目を合わせる

④(食わなくてもよくね?)

⑤(まぁね)

⑥アイコンタクトでお料理コーナー終了

 

 

焚き火開始

暗くなってきたので、焚き火を始めました。

ここ最近、雨が降ったことで木や枝も濡れていました。

湿っている木は不向きなんですよね。

乾いている木を探すだけでも大変でした。

更にそこから選別をして20〜30分後に安定して火がつき、焚き火ができた。

 

f:id:xxxxkun:20170814103611j:plain

 

焚き火を囲い他愛もない話を何時間もしました。

 

彼はとても熱い男なんですよね。

声量とか身振り手振りが激しくて熱いとかではなくて、

自分のビジョンをしっかり持ってそこに追求していく熱さを感じます。

冷静さも備わっているので感情優先で動かないし

僕も話していて勉強になるんですよね。

それに子どもっぽさもあって遊んでいて楽しいです。

 

会話の内容ですか??

 

 

 

 

 

ええ、、、

 

 

 

教えるのは構いません。

 

 

 

 

内容はもちろん、

 

 

 

 

 

 

 

恋ですよ。

 

 

 

 

99%これ↑

 

 

1% 「ケツ痛くね?」「おぉ、もう無理」

 

こんなもんですよ。

20代の男の会話って...w

 

 

トモキとは学生時代からこの会話の比率でした。

 

(トモキ、怒るなよ)

 

 

そんな感じで朝を迎えて帰宅しました。

f:id:xxxxkun:20170814110513j:plain

 

 

経験したこと・学んだこと

 

 

あつかったです。

 

 

コンセプト

 

f:id:xxxxkun:20170814111343p:plain